イギリス大学院留学成功のための完全ガイドマップ
ガイドマップはこちら

【模範解答】Task2 IELTS Band 7.0 Model Essay4

model essay 4IELTS対策
スポンサーリンク
saya

・異文化の魔法の管理人
・University College London修士課程修了(Distinction)
・直感でやりたい!と思ったことはとりあえずやってみる性格です

専門:教育社会学
前職:小中学校教員 / 日本語教師
興味:文化の違いを楽しむこと
趣味:旅行 / ヨガ / 温泉めぐり
英語:IELTS7.5 / TOEIC 900

sayaをフォローする

はじめに

みなさんこんにちは!Saya(@l0vu4evr)です

今回は第4回目のIELTSWriting モデルエッセイのご紹介です。

Sayaの書いたモデルエッセイを初めてご覧になる方は

まずは「モデルエッセイの使い方」についての記事をご覧ください

課題 Model Essay 4

In some counties, it is becoming increasingly difficult for young people to find full-time careers after they graduate from university. What do you think are the causes of this problem and what measures could be taken to solve it?

エッセー (Written by Saya)

The new graduates have been suffering from failing to find a full-time job opportunity in a range of countries. This essay will discuss the major reasons for this matter and explain effective measures to tackle this problem.

The serious issue of students’ difficulties in finding a full-time career is mainly caused by the economic situation of some countries which is caused by the recession. Most companies in those nations have dropped their profits which renders them unable to hire new employees. The nineties in Japan constitute a good example of this situation. After Japan experienced an economic crisis in 1990, many companies had closed down or accrued a great number of liabilities. As a result, the companies could not provide new positions for young generations and the graduates’ unemployment rate peaked in 1999.

Since a lack of job opportunities for university graduates and economic situation are significantly correlated, the best measure to tackle the problem is to improve the domestic economy. The government’s support via subsidies, such as funding for new investments and inventions are examples of effective ways to enhance the economy. This measure can encourage companies to create new job positions for young people by allowing for their business expansions.

To sum up, this essay has concluded that the economic situation, such as recession is the main cause of the high youth unemployment rate. For this reason, I have suggested that providing subsidies to companies would be an effective measure to improve the domestic economy to create full-time careers for new graduates. 

word count: 253 words

 

ちょっと難しい単語

render

  • 〜の状態にする

(ex) The new policy rendered citizens unable to cross the boarder.

(人々は新しい政策により、国境が渡れなくなった)

使役動詞のmakeと同じような用法で、render +人で、人を〜の状態にさせるという意味で使います。

renderを使う場合は、否定表現(unable / 〜less )がセットで使われることが多いです。

accrue

  • 〜が生じる

(ex) The interest on my saving accounts accrues on a monthly basis.

(私の普通預金の利子は月ごとに利子が生じる)

liability

  • 負債

(ex) long term liability

(長期的な負債)

debt (借金)/ deficit (赤字) / mortgage (住宅ローン) など、エッセイの内容によって、これらの単語を使い分けてみると良さそうです。

be 動詞+significantly correlated

  • 強い相関関係がある

(ex) The eating habits and the incidental risks of diabetes are significantly correlated.

(食習慣と糖尿病の発症率は強い相関性がある。)

domestic economy

  • 国内経済

(ex) The domestic economy has been declining in the past decades.

(国内の経済は、数十年間悪化し続けている)

via

  • 〜経由・〜を経て

(ex) I will fly to the UK via Germany.

(私はドイツ経由でイギリスに行きます。)

business expansion

  • 事業拡大

(ex) This financial aid can be utilized for new business expansion plan.

(この支援金は、新しい事業拡大計画に用いることができます。)

おまけのIELTSポイント

今回のエッセイの単語は少し高度なものを使ってみました。

IELTSライティングでは語彙力もLexical Resources の点数として加点対象ではありますが、使い方に自信のない単語は極力避けましょう

今の自分自身の語彙力で、ちゃんと課題に答える力(Task Response)に力を入れた勉強方法の方が、点数が伸びやすいですよ!

IELTSモデルエッセイリスト

最後に、モデルエッセイの一覧です!

まずは、自分で解いてみて、私のエッセイと比較してみてください。

私の視点は、今後のアイディアのストックとして使っていただければ、光栄です。

\異文化の魔法サポーター募集中/

本ブログではAmazon欲しい物リストを開設させていただいております

saya
saya

ちなみに、SayaのAmazon欲しい物リストの中身は

 チョコっと干し芋のリストです!

本ブログの記事の内容が「役に立った!」と思っていただけましたら

私の勉強のお供にチョコ/干し芋を恵んでいただければ一生懸命頑張ります!

【サポーター限定特典】

  1. Sayaから直接Thank Youメッセージが到着します!
    (Amazonから購入する際、コメント欄にEmailアドレスを入れるか、TwitterのDM・異文化の魔法のお問い合わせから「チョコ/干し芋送ったよ〜」という連絡を入れてくださった方限定です)
  2. 無償でIELTSの学習アドバイス・イギリスの留学アドバイスを行います。
    (「チョコ/干し芋」を送ってくださった際に、TwitterのDMから、チョコ/干し芋送ったよ〜」という連絡をください。お返事として、お悩み相談専用のフォームをお送りいたします!)

こちらをクリック
↓↓↓

コメント