「本は耳で聴く時代?!」Amazon Audibleの無料体験はキャンペーンこちらから

UCL教育社会学コース:授業の様子と最終課題の取り組み方

教育社会学授業イギリスの大学院

はじめに

イギリスの大学院は1年間と、とても短いのですが、とても濃い1年を過ごすことができます。

今回は、私が所属する教育社会学コース(MA Sociology of Education)の授業の様子と最終課題についてご紹介いたします。

なお、授業の様子は、取っている科目やコースによって大きく異なりますので

今回は、必修科目のSociology of Educationを例にいたします。

授業の様子

woman in gray sweater drinking coffee

授業のテーマ

授業では、毎回大きいテーマがあります。

(例)政策・階層・ジェンダー・エスニシティーなど

授業によって、そのテーマに沿って、それぞれの専門の先生が授業を行なってくださいます。

学生の数

学生は、おおよそ60〜70名が授業を受けています。

レクチャーは、もちろん話を聞くことが多いのですが、ところどころでディスカッションの時間が設けててあるので、近くの人と話をしながら、理解を深めていけます。

先生の魅力

先生方は研究に対してとても熱意の溢れる方々です。

こんなに、イキイキと研究分野について話してくださると、教育社会学の難しい理論も、美しく見えてきます(笑)

また、教育社会学の先生は女性の先生が多く、私は女性としてその姿にもとても憧れています。

セミナーの様子

woman in yellow jacket holding red book

セミナーとは?:セミナーの授業では、その日に学んだ理論を応用して、与えられた議論の内容をグループごとに話しあう時間です。

15人程度の小さいグループに分けられます。

この小規模のグループでは、中国、イギリス、オーストラリア、フィンランド、ブラジル、チリ、香港・・・・

などなど、数えきれないほど多くの人と意見を交わすことができます。

日本人は一人なので、

日本はどう?

と聞かれることもしばしば。

その時にこそ、教職経験があることは本当に役立ちます

現場の様子がわかっている事は、働いてから留学することの大きなメリットの一つです。
といっても、学部からまっすぐ大学院にきて勉強している人もたくさんいます。
なので、社会人経験がないと勉強が大変・・・
ということでもありませんので、どんどんチャレンジして欲しいと思っています。

クラスメートとの関係

UCLの社会学関連のコースの授業は夜が一般的です。

ですから、残念ながらキャンパスメイトのような友達を作りにくいことが、難点でもあります。

でも、勉強会などもある場合もあり、仲の良い友達を作ることができます。

積極的に色々なイベントに参加することで、たくさんの仲間も作れます。

コースの最終課題

UCLの場合は大体の授業で5000 wordsのエッセーが最終課題です。

Sociology of Educationのエッセーのテーマは

コースで学んだものであれば、なんでもOKでした。

しかし、先生方は

5000 words のエッセーが最終課題です!頑張ってね!

と学生を放置せず、5000 words を書くために7つのステップが用意されていました。

(コースによって異なりますが・・・)

  1. 500 words のアウトラインをオンライン上に提出する
  2. テーマごとにチーム分けされて、そのチーム内でお互いのアウトラインにアドバイスをする
  3. クラスメートのアドバイスをもとにアウトラインを再構成する
  4. アウトラインを深めてポスターを作成する
  5. 授業でポスターセッションを行い、色々な人からアドバイスをもらう
  6. 自分の担当の先生に1回目のエッセーの下書きを提出する(評価はされない)
  7. 担当の先生のコメントを元に最終エッセーを作成して、提出する(最終評価)

さいごに 実は、2019年度入学の私の時は、Term1とTerm2に長いストライキがありました。それによって、本来エッセーの準備のために行う予定であった、ポスターセッションは中止となりました。イギリスの大学は、頻繁にストライキがあり、学生への被害が大きいので要注意です   

コメント