「本は耳で聴く時代?!」Amazon Audibleの無料体験はキャンペーンこちらから

【スリ注意】私がスリ被害者になってしまった!ースリ被害を防止するためにすべきことー

pickpocketing旅行記

はじめに:ポルトガルでスリ被害者になりました

いつも私のブログを読んでくださっているみなさんは

今回のタイトルに驚かれたことでしょう。

私はこれまで

saya
saya

ロンドンのスリには注意して〜!!

と警告していました。

実は、私自身スリの被害者となっています。

タイトルをみて、スリ被害がどんな感じか、気になったのではないでしょうか。

私は、ポルトガル旅行中スリの被害にあったんです。

まさか、自分が!という気持ちでいっぱいでした。

今回の記事では

  • その状況について
  • 私の被害額
  • 私の防犯対策の効果

についてお伝えします。

この記事が、今後海外旅行をされる方々の参考になることを祈っております。

スリの被害は「いつ?どこで?」

さて、私がいつ?どこで?どのように?

スリの被害者となってしまったのでしょうか・・・?

以下、私の過去の回想にもどります。

事件が発生したのは、2019年12月18日(木曜日)です。

時間は、朝の11時ごろでした。

私は、ポルトガルの首都リスボン を観光していました。

その日は10時頃から、リスボン の中心地のRossio 駅近くにある

サンタジュスタのエレベーターを見に行っていました。

f:id:l0vu4evr:20191220072029j:plain

観光客も多く、オシャレなお店も多くかったので、

私は、ちょっとワクワクしていました。

その日の予定は、エレーベーターに登ったあと、地下鉄に乗って

別の博物館へ行く予定でした。

でも、地下鉄の駅に向かって歩いていたら

saya
saya

あらら?

キレイな大通りがあるではありませんか?! 

f:id:l0vu4evr:20191220072141j:plain

「これはナイス写真スポットだ!」

と思って、駅に向かう前に少し

その通りを歩いてみようと思ったんです。

これが悪魔の罠であると知らずに・・・。

どのように?

そして一枚写真を撮ったあと、

saya
saya

んー写真暗いな〜。どうやって明るくするんだっけ?

なんて思いながら

写真をパシャパシャ撮っていたら・・・

f:id:l0vu4evr:20191220072426j:plain

人だかり発見!

美味しそうなお菓子屋さんでした。

美味しそうなお菓子がいっぱいならんでて・・・

saya
saya

朝ごはん食べてなかったから、ちょっと一つ買おう〜っと。どれにしようかな〜?

なんて思って、お菓子を選びつつ

saya
saya

お菓子の写真撮っておこ〜

なんて思って、

カメラでパシャパシャ

f:id:l0vu4evr:20191220072707j:plain

そして、一つ美味しそうなお菓子を選び

お店に入り、お菓子をオーダーしました。

カバンからお金を出そうとした瞬間!!

saya
saya

え?!!カバン開いてる!!!

とりあえず、ポケットに入れていたカードでお会計をして

近くの広場で腰をおろし、カバンの中をチェック。

saya
saya

え!!!ない!

被害額(何を盗まれたのか?)

f:id:l0vu4evr:20191220073627j:plain

私が取られたのは、小さいポーチでした。

そのほかは無事でした。

この小さいポーチの中に入っていたものとは・・・

  • バファリン
  • 生理用品
  • 目薬
  • バンドエイド
  • リップ

でしたので、盗んだ人が怪我した時や

緊急事態になったら、使って欲しいと思っています。

とりあえず、パスポートとか、カメラとか、PCとか、カードとか・・・

盗まれなくて良かった(涙)

でも一つ大切なものがあのポーチには入っていました。

それは・・・ホステルの鍵!!!

saya
saya

これはヤバイ!部屋に入れなくなる!!

と思い、その日の予定を変更して急遽ホステルに戻りました

私の対応

f:id:l0vu4evr:20191220073805j:plain

今回の私のホステルは、激安物件でしたので

セキュリティーに非常に問題のある場所でした(苦笑)

でも、それが功を奏して中に入ることができました。

(*マスターキーのある場所を教えられていたので)

その後、ホステルのオーナーに電話連絡をし

鍵が盗まれたことを伝えました。

そしたら、ホステルを出る前に、合鍵を作ってくれればOKとのこと。

内心・・・

「鍵を全て変えるから、XXXユーロ払って!!」なんて言われなくて良かった〜。

と思いました。

ということで、合鍵を作りに行ってきました。

鍵3つで、3.90ユーロ(約470円)

思っていたより安くすみました。

近所の合鍵屋さんで、5分で作ってもらえたので、 

被害にあったことは、よくなかったけど、その後は良かった良かった。

これを教訓として

f:id:l0vu4evr:20191220074011j:plain

今回の事件に遭遇して、2つ反省したことがあります。

安心しきっていた

確実に、この国はロンドンより安全です。(被害に合っちゃったけど苦笑)

ホームレスの少なさ、物乞いの少なさ、電車のマナー、街のキレイさ、ほどよい活気。

こんな雰囲気を感じ、9日という長期滞在で、徐々に街にも慣れてきちゃって

saya
saya

写真を撮って歩いてても大丈夫だな〜

saya
saya

スマホで地図を見ながら歩いてても大丈夫だな〜

と思ってしまっていました。

この気の緩みが、今回の事件につながってしまったんだと思います。

カバンの持ち方

今回は、リュックサックで街歩きをしていたのですが

やっぱりリュックサックは前持ちにしなきゃダメだなと思います。

今後気をつけます。

被害を抑えたポイント

f:id:l0vu4evr:20191220074112j:plain

今回の被害が最小限に抑えられたのは、2つポイントがあったと思います。

リュックサックの機能

私が使っていたリュックは、The North Faceのリュックでした。

私が使っていたリュックには、背中にポケットがあり

私は貴重品は全てこの背中ポケットに入れていました。

さすがに、背中のポケットまでは、魔の手は及びませんでした

日頃から、リュックの背中のポケットに貴重品をしまう癖をつけていたのが、良かったです。

キャッシュレス化

今回の旅行のために、私はRevolutのネットバンクの口座を開設していました。 

Revolut
Revolut
開発元:Revolut Ltd
無料
posted withアプリーチ

このネットバンクのメリットは

外貨口座を持てるのでポンド→ユーロの両替が

アプリケーションで行えるという優れものです!!

また、ポルトガルの場合、ほとんどのお店がキャッシュレスでOKでした。

ただし小さいお店は現金でしたので

50ユーロくらいは、現金で持っていましたが

結局30ユーロも残ったので、ほとんどカードでOKでした。

つまり、今回は現金をほとんど持たず

Revolutのカードを肌身離さず持っていたことで

お金を盗まれることがありませんでした。

終わりに 

f:id:l0vu4evr:20191213081259j:plain

私は一人でポルトガル旅行をしました。

9泊10日という長い長い旅行。

いろんな意味で、色々な経験をさせていただきました。

最後の夜。

私は、ロンドンに帰りたい気持ちでいっぱいでした。

でも、ポルトガルはいい国でした。

スリ被害にはあってしまいましたが

ポルトガルは良いところですし、また行きたいと思っています。

コメント