異文化の魔法の読者のみなさんへ「はじめに読んでいただきたいこと」

Q:UCLの MA Sociology of Educationで量的研究手法は学べますか?

quantitative ucl質問コーナー
スポンサーリンク
saya

・UCL博士課程在学中
・UCL修士課程修了(Distinction)
・直感でやりたい!と思ったことはとりあえずやってみる性格です

学問:教育社会学
前職:小中学校教員 / 日本語教師
興味:文化の違いを楽しむこと
趣味:旅行 / ヨガ / 温泉めぐり
英語:IELTS7.5 / TOEIC 900

sayaをフォローする

はじめに

こんにちはSayaです。

今回も、また読者の方から、ご質問をいただきましたので

そのお返事を皆様にシェアさせていただきますね。

Q:UCLのMA Sociology of Educationでは量的研究手法は学べますか?

Sayaさんこんにちは。今年UCLなどいくつかのイギリスやアメリカの大学に出願を考えているのですが、UCLの教育社会学コースでは質的な調査をやっている方がメインなのでしょうか。私は量的な手法も身につけたいと考えており、もしご存知であれば、そしてお手隙であればお返事いただけますと幸いです。

結論的から述べますと

学べないことはないですが「個人の努力」にかかっている!

という点が正直なところです。

イギリスの大学院は1年間と非常に短い性質のため

Taught Mastersで量的研究手法と質的研究手法の二つを十分に満足がいくほど学ぶのは、とても難しいというのが、現状でもあり、私自身の個人的な感想でもあります。

Taught Mastersとは?
イギリスには、様々な種類の修士課程があるのですが、Taught Mastersに進学する学生が最も多い気がします。例えば、私が学んでいたMA Sociology of EducationはTaught Mastersのプログラムで、教育社会学(社会学)の基本的理論を学ぶことが多かったです。このように、Taught Mastersは、その学問領域の基礎的な知識を身につけることに重きを置かれています。一方、Research Mastersは研究を行うことに焦点を置いた修士号なので、その学問領域の基本的知識がある人が進学を志望する場合が多いです。

>>おすすめ記事:【海外留学】イギリスの修士号はMAだけではない!自分に合う修士号の選び方は?

特に、UCLのInstitute of Educationは理論研究に強い大学です。

そのため・・・

UCLは量的研究よりも質的研究が活発だよね〜

なんて、UCLのPhDの先輩と話をしたこともあります。

といっても、量的研究ができないというわけでは全くなくて

量的研究手法を学びたいとすれば、

  • MAの学位ではなくMScの学位が取得できるコースを選択する
  • UCLではなく他大学を目指す

というのも選択肢に入れておいたほうがいいでしょう。

または、研究手法に着目してコースを選ぶとしたら、MResと言って、Research Mastersに進学し、幅広い研究手法を学ぶのも一つの方法かも知れません。

UCLのMA Sociology of Educationのコースについては

理論に関する学びが盛りだくさんでした。

研究手法の授業もありましたが

質的研究の研究手法についての話が多く、統計学的な内容は1−2回くらい?

そんな感じでした。

しかし、統計分析をして修士論文を執筆している学生もたくさんいましたし

UCLではSPSS等の統計ソフトの使い方の有料講座を別で開催してくださっていたりするので、そういった機会を有効活用するのもいい方法です。

このように、コースで学べないことも

自分で学びの機会を拾っていけば

十分に量的研究手法を学ぶチャンスはたくさんあります。

ご質問について

ご質問につきましては、下記のフォームから受け付けております。

もし、留学の情報や、不安な点、ご相談等がありましたら、お一人お一人に丁寧にお返事を返しております。少しお時間をいただくことがあるかもしれませんが、ご記入いただきましたメールアドレスにお返事いたします。

また、質問内容が、他の方々にも有益であると感じた場合については、今回のようにブログに掲載させていただくこともご相談させていただくかもしれません。

なお、「異文化の魔法」管理人のSayaはTwitter (@l0vu4evr)でも、留学や海外生活について、有益な情報を発信しておりますので、そちらもフォローしてみてくださいね。

    \異文化の魔法サポーター募集中/

    読者の皆様へ

    異文化の魔法の記事がお役に立ちましたら、異文化の魔法サポーターという形でブログを支援してみませんか?

    異文化の魔法の運営を始めてから、当ブログはどんどんと知名度が上がり、お問い合わせやTwitterのDMから色々なご質問が寄せられ、そちらにお返事をする機会も多くなってきました。

    しかし、本サイトでの情報発信を継続させるためには多少なりとも運営費が発生しております。

    異文化の魔法の運営は私たちの楽しみである一方で

    ブログ運営のために情報収集を行い、記事としてまとめる作業や、お一人お一人に、お返事を書く作業は、かなりの時間を費やしているのも事実です。

    それでも、やはり多くの方々に目標を達成してほしいという願いは変わりませんので、学業の側、この異文化の魔法を少しでも長く運営させようと努力はしております。

    そんな私たちの思いを応援してくださり、異文化の魔法の運営継続を願い、このブログをご支援をしたいと思ってくださる方がいらっしゃいましたら、ぜひ、一度、異文化の魔法サポーター制度のご利用をご検討いただければと思っております。

    サポートの詳細は、下記の三通りの方法があります

    1.Amazonギフトカードを送る

    2. noteで支援する

    3. Amazonの欲しいものリストから干し芋かチョコを送る

    なお、異文化のサポーターの方々には限定特典を用意しております。

    【サポーター限定特典】

    1. Sayaから直接Thank Youメッセージが到着します!
    2. 無償でIELTSの学習アドバイス・留学アドバイスを行います。

    異文化の魔法サポーター制度の詳細につきましては、下記の記事をご覧ください

    ぜひ、異文化の魔法サポーターとしてのご支援をよろしくお願いいたします。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました