「本は耳で聴く時代?!」Amazon Audibleの無料体験はキャンペーンこちらから

Q: なぜUniversity College Londonに進学しましたか?

質問コーナー

はじめに

今回は、最近いただいたご質問の中で、

すでにご質問者の方には、メールでお返事済みの私の回答をご紹介いたします。

読者の皆様にも留学準備や、大学選択の参考にしていただければ大変光栄です。

Q:なぜKCLではなく、UCLを選ばれたのでしょうか?

Sayaさんは、UCLの他にKCLを受験され、両方の大学からオファーをもらっていたと思いますが、なぜKCLではなく、UCLを選択されたのでしょうか?

今回は、私がUCLを選択した理由についてのご質問をいただきました。

実は、私はUCLのオファーの他に、

Kings College London (KCL)や

University of Edinburgh などの大学からオファーをいただいておりました。

その中でも、最後の最後まで悩んだのは、

KCLの進学か、UCLの進学か・・・。

実は、KCLのコースリーダーからは、直接合格メールもいただいておりました。

コースリーダーは・・・

あなたのPersonal Statement(自己推薦書)を読んだわ!とても面白い経験をしているわね〜。研究分野も面白いわ〜。

と、おっしゃってくださり・・・。

非常に・・・。非常に・・・悩みました。

一方、UCLはアドミッションの反応が遅く、

イライラの募る日々でしたので、KCLに心が揺らぎそうでした。

それでも私がUCLを選んだ理由は、2つあります。

UCLを選んだ理由
  1. 教育学部が強い
  2. コースの内容と私の興味が合致した

UCLは教育学の分野が強い

UCLの教育学部は、Institute of Education (IoE)と呼ばれ、

元々は、UCLの一部ではなく、独立した大学でした。

それが、数年前にUCLと合併し、UCLの一部の教育機関となったんです。

つまり、Institute of Educationだった頃は、教育学のみの単科大学でした。

それだけあって、教育学なら任せて!

というくらい、細かい分野まで学べます。

そのため、教育関連の職についていた学生も多く在籍しています。

私は教員というバックグラウンドがありましたので、

UCLのIoEであれば、私の教員経験を生かせるかなと思いました。

また、大学院留学を考えている当初は、

世界中の教員経験者と意見交換をしてみたいとも思っていました。

国が違えば、教育方法や、教師の考え方も違う!

そんな環境で勉強してみたいと思っていました。

コースの内容と私の興味が合致した

私は現在、MA Sociology of Education (教育社会学課程)で学んでいます。

特に、3学期に開講されている、

Sociology of Race and Educationは私が最も受講してみたい、

人種に関連するテーマでした。

KCLで応募したコースも大変魅力的ではあったのですが、

コースは教育学を幅広く学べるようなカリキュラムでした。

今回の留学は、私にとってセカンドマスターでもあり、

勉強したいことが、とても明確でしたので、

教育社会学でも移民や人種問題に注目して、

深く学問を極めていきたいな〜

と思い、Raceの授業のある、UCLを選択いたしました。

終わりに

実は、質問者様には、もう一つご質問をいただいていたのですが、

そのご質問のご回答は、次の機会にまたご紹介いたします。

なお、質問につきましては、留学に関することのみならず、

私自身、元教員であったり、英文の添削講師等をやっていた経験もありますので、

英語の学習や、お子さんの教育、進学についてなどもお答えできます。

TwitterのDM(@l0vu4evr)または、下記のお問い合わせからどうぞ。

コメント