「本は耳で聴く時代?!」Amazon Audibleの無料体験はキャンペーンこちらから

【IELTS高得点には必須】IELTS task1 ライティングの構成ー3つの大切な視点ー

IELTS対策

本日の課題

こんにちは。今日は、IELTS ライティングTask1ー3つの大切な視点ーということで、お話をします。

 

実際のところ、Task1で重視したいポイントとは、3つではまとめきれないので、もっともっと書き綴りたいのが本音です。

ですが、今回はその中でも、Task1を書く際に絶対身に付けたい視点を絞ってみました。

3つの視点は、次の課題例に沿ってご紹介いたします。 

課題

The graph below shows the different modes of transport used to travel to and from work in one European city in 1960, 1980 and 2000.

f:id:l0vu4evr:20190727185517p:plain

 

視点1:Similarities(共通点)は何か?

グラフを一目見た時に、「グループになりそうだな!」と思うものがあると思います。

みなさんは、どれがグループになりそうだと思いましたか?

考えるべき2つのポイント
  1. どうしてそれらをグループにしましたか?
  2. そのグループの共通点はなんですか?
Sayaが考えたこと
  1. TubeとTrainをグループにしました。
  2. 共通点は、1960年から2000年の3年間で、変動が小さいことです。
この2つの視点ばBody Paragraph1を書く内容になります。

 

これを元に、こんな文章を書きました。

The percentage of tube commuters was the most stable across the three given years on an average of 25%. Also, the train commuters did not have a great change; the lowest at 18% in 1960 and the highest at 27% in 1980.

視点2:Differences (違い)は何か?

 グラフを一目見た時、「違うな!!」と思ったものは何でしたか?

考えるべき2つのポイント
  1. 何と比較して違うな!と思ったのでしょうか?
  2. どうして違うな!と思ったのでしょうか?
Sayaが考えたこと
  1. TubeとTrainグループと比較して、CarとBusグループは違う傾向があると判断しました。
  2. どちらも、1960年から2000年の3年間の変動が大きいからです。
この2つの視点はBody Paragraph 2を書く内容になります。

これを元に、こんな文章を書きました。

Conversely, the percentages of car and bus passengers showed the opposite trend.While car passengers started from the lowest at 7% and showed an ascending order reaching the highest at 35% in 2000, the bus passengers began from the peak at nearly 40% and declined to 15% by the end of the given year.  

視点3:Anomalies (例外)は何か?

今回のグラフでは、極端なAnomaliesは見つけられませんでしたので、これは書きませんでした。

 

ですが、Anomaliesがはっきりと存在している場合があります。

例えば・・・

 

Divorce Statistics for eight countries in 1981 and 1994

引用:IELTS Mentor Sample 72

このグラフであれば、Italyの数はAnomaliesになると思います。

 

Anomaliesがあれば、文章の中に必ずに入れてあげましょう!

Anomaliesを出してきたということは・・・

そう!

採点者は、anomaliesを書いてくれることを求めているわけですからね!!

まとめ

IELTS Task1 3つの視点
  1. Similaritiesを探そう!
  2. Differencesを探そう!
  3. Anomaliesを探そう

コメント