【1月11日まで限定】Amazon Music3ヶ月無料で聴き放題の登録はこちらから!

【実体験】ロンドンでスリの犯行現場に居合わせてしまった

pickpocketingロンドンの生活
スポンサーリンク
saya

・UCL博士課程在学中
・UCL修士課程修了(Distinction)
・直感でやりたい!と思ったことはとりあえずやってみる性格です

学問:教育社会学
前職:小中学校教員 / 日本語教師
興味:文化の違いを楽しむこと
趣味:旅行 / ヨガ / 温泉めぐり
英語:IELTS7.5 / TOEIC 900

sayaをフォローする

 はじめに:ロンドンの軽犯罪には気をつけましょう

私はイギリスへ留学する前まで

ヨーロッパへは一度も行ったことがありませんでした。

イギリスと日本を除き、過去滞在経験のある国は

スリランカ、フィリピン、タイの3カ国で、全てアジア圏です。

私のイメージとしては、ヨーロッパは先進国なので

saya
saya

安全性が高いのかな〜

と思っていたのですが・・・

いやいやいやいや

とんでもない。

観光地を除いて、生活圏内を比較すると

ヨーロッパの方が軽犯罪に巻き込まれやすいなと感じました。

特に、スリです。

私の友人は何人も被害にあっています。

どんな手口があるのか、こちらの記事をご覧になると分かります。

  • イギリス国内でも、特にロンドンで勉強される方は注意が必要です。
  • 地域によっては、安全な場所も多いですが、日頃から気をつけておくことは大切です!

私が実際に目撃した怖かった実体験!!

そして今回のお話は私が実際に、スリの現場に居合わせてしまったお話です・・・。

恐怖でした。

みなさん・・・、このようなことがないようお気をつけください。

  • 現場:St Pancras Station (ハリーポッターの駅です)
  • 時間:夕方3〜4時ごろ
  • 被害者:女性
  • 盗まれたもの:Mac のパソコン

事件が起こった時の様子

私がセントパンクラス駅で友人を待っている時に事件は起こりました。

セントパンクラス駅は、電車のホームだけでなく

オシャレなアーケード街も併設されています。

私は、そのオシャレなアーケード街で友人を待っていました。

アーケード街は、両サイドにお洒落なお店が立ち並んでいて

真ん中にはベンチがありました。

ちょうど私が座っているところは、

テーブルもあり、PCを使うにはちょうどいい場所でした。

すると・・・・

私の右手から

  • 黒人の変なおじさん
  • エーデルワイス
  • 大声で歌いながら歩いてきました

私はとっさに・・

saya
saya

うわ、変なおじさん!目が合ったら、怖いからPCを見てよう!

と思って、PCだけ見ていました。

私の周囲に座っている人も

変なおじさんだな〜と右手を歩く彼ばかりを見ていました

そして、そのおじさんが通り過ぎた後・・・・

私の左側のベンチから、女性が・・・

あの、みなさん、すいません!!ここに置いていた、私のPC見ませんでしたか!!?

私は、その瞬間何が起こったのか分かりませんでした。

でも・・状況からすると・・・

私のすぐ横、50m範囲内で、スリが起こった!!

ということでした。

実は、PCを盗まれた女性は

たったの数分間、ベンチに荷物を置いて

近くのお店に入って買い物をしていたようなんです。

たったの数分と言っていました。

その数分間に何が起こったのか?と思い返すと・・・

あのエーデルワイスおじさんしか思い当たる節がありません。

きっと、あのエーデルワイスおじさんは

スリグループの仲間で

みんなの視野を右方向に集める役割だったのでしょう。

その隙を狙って、グループのもう一人がPCを盗んでいたんだと思います。

間近で発生したスリの現場。

私はゾッとしました。

その後、警察がきて現場検証が始まりました。

この事件からの学び

  • スリは、どんな所でも起き得る
  • スリは本当に一瞬!

この経験や、これまで聞いてきたスリのお話を聞いて

心のそこから危機管理は重要だと感じました。

\スリ対策にはリュックがおすすめの理由は?/

終わりに:ロンドンの治安は用心しておきましょう

と書きつつ・・・

実は、私は、コロナウィルスが発生し、ロンドンでロックダウンをしている時

政府から1通のメールを受け取りました。

saya
saya

なんだこれ?

と思って、開けてみると・・・

税金の返金XXXポンドがあるので、http://~~~~にアクセスしてください

とのメールが。

saya
saya

へー、そんなことがあるのか!

と思ってアクセスしてみました。

そして・・・

フィッシング詐欺にあってしまいました(涙)

その詳細は、こちらの記事からどうぞ。

コロナウィルスで、世間がゴタゴタしている中

イギリスでは、このような詐欺事件が多発していました。

そして、私はまんまと被害者となってしまったわけです。

今でも、コロナウィルスは蔓延していて、社会はごちゃごちゃです。

見知らぬ土地で、被害者にならないように

本当に、本当に気をつけてくださいね!

\異文化の魔法サポーター募集中/

読者の皆様へ

異文化の魔法の記事がお役に立ちましたら、異文化の魔法サポーターという形でブログを支援してみませんか?

異文化の魔法の運営を始めてから、当ブログはどんどんと知名度が上がり、お問い合わせやTwitterのDMから色々なご質問が寄せられ、そちらにお返事をする機会も多くなってきました。

しかし、本サイトでの情報発信を継続させるためには多少なりとも運営費が発生しております。

異文化の魔法の運営は私たちの楽しみである一方で

ブログ運営のために情報収集を行い、記事としてまとめる作業や、お一人お一人に、お返事を書く作業は、かなりの時間を費やしているのも事実です。

それでも、やはり多くの方々に目標を達成してほしいという願いは変わりませんので、学業の側、この異文化の魔法を少しでも長く運営させようと努力はしております。

そんな私たちの思いを応援してくださり、異文化の魔法の運営継続を願い、このブログをご支援をしたいと思ってくださる方がいらっしゃいましたら、ぜひ、一度、異文化の魔法サポーター制度のご利用をご検討いただければと思っております。

サポートの詳細は、下記の三通りの方法があります

1.Amazonギフトカードを送る

2. noteで支援する

3. Amazonの欲しいものリストから干し芋かチョコを送る

なお、異文化のサポーターの方々には限定特典を用意しております。

【サポーター限定特典】

  1. Sayaから直接Thank Youメッセージが到着します!
  2. 無償でIELTSの学習アドバイス・留学アドバイスを行います。

異文化の魔法サポーター制度の詳細につきましては、下記の記事をご覧ください

ぜひ、異文化の魔法サポーターとしてのご支援をよろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました