「本は耳で聴く時代?!」Amazon Audibleの無料体験はキャンペーンこちらから

【IELTS Writing】Task1で見落としやすい数字の扱い3選

ielts task1 numberIELTS対策

はじめに:今回の記事で分かることは?

こんにちは!Sayaです!

今回の記事では、IELTS Task1で注意すべき3つのポイントが分かります。

ライティングでIELTS Band 6.0を目指している方は

この3つのポイントはしっかりとおさえましょう。

それ以上を目指している方は、自分のエッセーでこの3つが書けているかどうか?

確認してみましょう!

私の感想:Task1は難易度が高い

私はIELTSの試験を15回経験しています。

その中で、Listening Band 8.5 / Reading Band 8.5 / Speaking Band 7.0 を取得し

【Band 8.5取得】IELTS Listeningに効果的な勉強方法:2つのコツ

【Band8.5取得】IELTS Reading 対策3つのコツ

そして、最高バンドスコアは7.5となりました。

【IELTS Band 7.5取得教材】sayaのおすすめ教材とレビュー11選

しかし、Writingは6.0止まりで、微動だにしないという事態に陥りました。

特に私が苦労したのは、WritingのTask1です。

私は、IELTSを受験しすぎて10回を超えたあたりか

本番でTask1を解く時は手が震えるくらいでした(苦笑)

まぁ、それもいい思い出?と言いたいところですが

まだ私の心の中では、まだ消化しきれていない思い出です。

では、なぜ私はIELTS Task1が難しいと感じたのでしょうか?

その理由は2つあります。

  1. グラフの特徴を掴む力が求められるため
  2. 情報をまとめる力が求められるため

つまり、IELTSのTask1は英語力以外の基礎能力の差が大きく影響を及ぼします。

saya
saya

私のように、数字に弱くて(昔は理系だったので強かったんですよ!!)瞬時にまとめられない人間(私はゆっくり、じっくり派です)にとっては、嫌な問題でした。

中には・・・

ただグラフに書いていることを書けばいい

とおっしゃる人もいますが

「書けばいい」って・・・

  • グラフのどこをまとめて!
  • どの数字を書かなくていいのか?

グラフの読み取りが苦手な身からすると

その当然なことが知りたいんですよ

saya
saya

って・・・ね〜。思いませんか?

共感していただけたら、私のTwitter (@ l0vu4evr)をフォローしてね(笑)

時には

この問題は答えがObviousだよ〜(笑)

なんて、IELTSを受験したことがない人に言われた暁には・・・

心の中に怒りの炎が燃え上がることも・・・(笑)

そんな、グラフが苦手なでも気をつけることができる

数字の扱い方について3つのポイントをまとめます!

大きい数字の扱いに注意しよう

一つめのポイントは、大きい数字の扱い方についてです。

まずは、次のグラフをご覧ください。

f:id:l0vu4evr:20190910070743p:plain

Source: IELTS Mentor graph 305 

これはインターネット使用者のグラフですね。

イランは、56.7と書いてあります。

  • この56.7は何を意味するのでしょうか?
  • イランのインターネット使用者が56.7人ということなのでしょうか?

違いますね。

グラフのタイトルを見ると

Internet users in million – June 2017 と書いてあります。

つまり、このタイトルから単位はmillionであることが分かります。

なので、56.7の意味は56.7 million (56,700,000)ということです。

エッセーに書く時は、56.7 millionまたは56,700,000どちらを書いてもいいですが

数字書く場合は「コンマ」忘れずに書くようにしましょう。

Task1を解く時は、問題文を読んだあと、必ずタイトルをチェックし、単位をチェックしましょう。

単位の扱いに注意しよう

f:id:l0vu4evr:20190910070743p:plain

Source: IELTS Mentor graph 305 

もう一度、こちらのグラフを例として使います。

2つ目のポイントでは、もう少し深く単位のお話をしていきます。

先ほどお話したように、こちらのグラフの単位はmillionでした。

なので、1であれば1million。10であれば10 millionです。

この場合は、とても簡単なのですが・・・

お金の単位で、Pound やdollarが出た時は注意しましょう。

1であれば1 pound。ですが、10であれば10poundsと複数形になります 

さらに、Poundより小さいお金の単位は、Penceです。

10であれば10 pence (複数形にはなりません)。ですが、1であれば1 penny!!

イギリスに渡航したことがなくて、馴染みのない人も多いかもしれませんが、イギリスの貨幣の単位 pound / pence / penny の違いだけは、しっかりと覚えておきましょう!

では、おまけです。

Euroもお伝えしておきます!

1であれば、1 Euro です。10であれば、10 Euroです。

この場合は、単数・複数は変わりません。日本円も同じです。

IELTSの課題で出る貨幣の単位で複数・単数と変化するのはdollar とpound !なので、注意しましょう。

単位に合わせた文章を作ろう

f:id:l0vu4evr:20190910225209p:plain

Source: IELTS Mentor 295

このグラフは単位の復習にはとても良いグラフなので

ぜひ単位の扱いをどのようにするかも考えてみてください。

さて、このグラフで鍵となるのは、縦軸ですね。

縦軸は何を表しているのでしょうか?

グラフのタイトルを見ると分かりますね。

Estimated number of Catholics per nation

つまり、Catholics の数字です。

Catholics とはキリスト教徒ですから、「人の数」を表しています。

saya
saya

では、文章を作ってみましょう。

  • The Catholics in the Philippines were 75,940,000 in 2010.

(和訳:2010年、フィリピンのキリスト教徒は75,940,000でした。)

これは良い文章でしょうか?

いいえ、IELTSが求めているのは、これではありません。 

 この表は「人の数」を表しているので、

  • The number of ~
  • The population of ~

のような言葉が必要です。

  • The population of Catholics in the Philippines was 75,940,000 in 2010.

(和訳:2010年、フィリピンのキリスト教徒の人口は75,940,000人でした。)

  • The number of Catholics in the Philippines was 75,940,000 in 2010. 

(和訳:2010年、フィリピンのキリスト教徒の人数は75,940,000人でした。)

この小さな違いが、バンドスコアに大きな違いを生みます!

書けていなかったな〜と思う方は、ぜひ、いますぐ実践しましょう。

終わりに:エッセーを書いたらこの3つを確認しよう

IELTSのライティングの試験では、書くことに精一杯になって

見直しまで時間を作ることは難しいかもしれません。

でも、見直しの時間を作ることはとても大切です!!

書いて満足はダメですし、書くことで精一杯にならないように

日々の勉強でも、見直しの時間を作ることを意識した学習を行う必要があります。

試験当日は、ゆっくりと見直しの時間を作ることもできないと思いますので

最低限、おっちょこちょいのミスを減らすためにも

次の3つは、毎回エッセーを書き終わった後に、チェックする癖をつけておくと

いいと思いますよ!

Task1で絶対に確認すべき数字の扱いポイント
  1. 大きい数字の桁と単位
  2. 単位の複数形・単数形(特にポンド!)
  3. 単位に合わせて文章を作ること

コメント