イギリス大学院留学成功のための完全ガイドマップ
ガイドマップはこちら

【異文化の魔法特別企画】1ヶ月半に渡るコーチング終了と成果報告

IELTS coaching #3IELTSコーチング企画
スポンサーリンク
saya

・UCL博士課程在学中
・UCL修士課程修了(Distinction)
・直感でやりたい!と思ったことはとりあえずやってみる性格です

学問:教育社会学
前職:小中学校教員 / 日本語教師
興味:文化の違いを楽しむこと
趣味:旅行 / ヨガ / 温泉めぐり
英語:IELTS7.5 / TOEIC 900

sayaをフォローする

はじめに:IELTSコーチング企画連載記事(第三弾)

こんにちは、Sayaです。

今回は、IELTSコーチング企画のコーチング終了と成果報告をしていきます。

本記事は、4回の連載企画の中の第三弾の記事になります。

挑戦者のなかたんさん(@_Nakatan_Eng)は

2021年4月10日(記事公開日の翌日)に本番のIELTS試験を受験されます。

そのオフィシャルスコアの結果報告を連載記事の最終記事となりますので

最後の記事までお見逃しなく!

IELTSコーチングの成果報告

今回は、IELTSコーチングの成果報告として

なかたんさんに書いていただいたエッセイを公開しながら

私のコーチングを通して、なかたんさんが

どのようなことを学び、成長していったのか?

そんなお話をしていきたいと思っております。

今回使うエッセイは、IELTS anwers.comというIELTSのエッセイ添削サイトで

おおよそのバンドスコアを判定していただいたものをもとに

私が思った視点も付け加えていきます。

なお、IELTS answers.comとはなんぞや?という点が気になった方は

下記の記事をご覧になってください。

なかたんさんのエッセイ公開

それでは、なかたんさんのエッセイを2本公開いたします。

  • 1本目は、なかたんさんが、コーチングを受ける前、自力で書いていただいたものです。
  • 2本目は、なかたんさんが、コーチングを受講して約1ヶ月後に、同課題で書いていただいたものです。

文法ミスは、そのまま掲載しておりますので

どちらも、なかたんさんのありのままのエッセイです。

全体的な構成の違いに着目しながら、ご覧ください。

コーチングを始める前のエッセイ

Some people feel that entertainers such as film stars, pop musicians or sports stars are paid too much money.
Do you agree or disagree? Which other types of job should be highly paid?

ANSWER(2月22日)

There are some people who called the billionaire who is an eauntreplenare, an invester and an entertainer.  They earn much money and have a tremendous fourtune.  To this situation, there is an opinion that entertainers like film stars, pop musicians, sports stars are paid too much money.

saya
saya

課題のパラフレーズをするトレーニングとIntroductionの書き方のトレーニングが必要だと感じました。

I basically disagree with this opinion.  I think it should be admitted to make much money for everyone.  For the first, there is a premise for me that there is a quite difference between they earn much money because of their performance and they have much money and look like monopoly the wealth.

saya
saya

第二段落がThesis Statement にあたるのかな?と思いましたが、Thesis Statementが長すぎるので、IELTSの250words程度に見合うThesis Statement の書き方のサポートが必要だと感じました。

First, I think that entertainer is a kind of business man.  I can not understand the difference between entertainer and businessman because they both earn money with their endevour and talent.  It should be admitted to earn money when they are accepted their results of endevour or talent like goods and performance.

Second, the entertainers spend a lot of time to brush up their skills and talents.  And the time which they spend a hardship and pile up their endevour is not promised to succeed.  Their success is a result that they surpass the hardship which they have been walking with their belief and effort.

Third, we are not exploited too much money from them.  When we see a movie, a show, a game, listen to their song, we buy them with our intention.  And also the price is not too much expensive.  For instance, after we buy a song at only $3 on iTunes, or buy a movie at $30 on Amazon once, we can enjoy them permanently.  We can get the right to enjoy them which entertainer made their efforts with such a low price.

saya
saya

Bodyパラグラフが三段落はダメとは言いませんが、もう少しBodyの書き方のトレーニングが必要だと感じました。

In conclusion, I think that the money they earn is the right of them and it should be admitted.

(306 words)

saya
saya

Conclusionも不十分なので、ここも基礎固めの必要性があるな!と思いました。そして、300wordsオーバーは、ちょっと長いかもしれません・・・。

IELTS Answers.com の結果

Overall Band :5.0

  • Task Response:5.0
  • Coherence/Cohesion:5.0
  • Lexical Resources:5.0
  • Grammar:5.0

コーチングを始めて1ヶ月後のエッセイ

Some people feel that entertainers such as film stars, pop musicians or sports stars are paid too much money.
Do you agree or disagree? Which other types of job should be highly paid?

ANSWER(3月20日)

In modern society, people are enjoying various entertainments, such as musics, movies, and sports, and also some celebrities earn a lot of money.  Some people insist that entertainers are paid too much.  This essay will explain the reasons why I disagree with this opinion, and indicate other kind of profession should be paid high reward.

saya
saya

タスクのパラフレーズとThesis Statementを含めた、Introductionの書き方が定着してきました!

First of all, in my opinion, entertainers should be paid much reward.  This is because they have made a lot of effort until they achieve their goal.  In my experience, one of my friends had aimed to be a rock musician and he tried hard extensively to achieve his goal while he always embraced the anxiety whether he could succeed or not.  Thus, as entertainers had made a lot of effort, they should receive a lot of reward.

In addition, managerial workers should be highly paid according to the weight of their responsibilities.  This is because their decision has a large effect.  For instance, the manager in large company, such as Google and Apple, need to make crucial decision.  Also, their decision affects the life of their employee and society.  Likewise, the person who has responsibilities should be paid much money.

saya
saya

Bodyは基本は二段落構成、そして、Topic Sentence、Supporting Sentence、Exampleの流れをしっかりと意識した文章に近づいてきました!

In conclusion, this essay has explained the reasons why I think entertainers should be paid much reward and the other type of career which should be paid.  In my opinion, entertainers should be paid highly as they made a lot of effort, and manager of the company should be paid highly, too, as their decision has an impact on employee and society.

 (258 words)

saya
saya

Conclusionパラグラフも、ちゃんと課題を振り返って、Bodyで書いたことも振り返り、十分な分量に変化しました。ワード数も完璧です!

IELTS Answers.com の結果

Overall Band:6.0

  • Task Response:6.0
  • Coherence/Cohesion:6.0
  • Lexical Resources:6.0
  • Grammar:6.0

コーチングを受けた感想

saya
saya

なかたんさん、こんにちは。最近、IELTSの勉強どうですか?

なかたん<br>さん
なかたん
さん

お陰様で、とても順調ですし、楽しいです。

saya
saya

よかったです。コーチングを始めて、約1ヶ月経ったあたりですかね。私の中で、なかたんさんのエッセイが変わった!という瞬間が見えましたよ。その質のエッセイが、2、3日で続けて見れた時は、もうBand6.0は近い!と感じました。

なかたん<br>さん
なかたん
さん

本当ですか?僕自身は、その変化が全く分からないですが・・・

saya
saya

ですよね笑 でも、だからこそ、私がいるんじゃないですか!

なかたん<br>さん
なかたん
さん

ありがとうございますSayaさん。毎日、とても丁寧に添削や、アドバイスをくださり、感謝しかありません。

saya
saya

いえいえ、とんでもないです。私としては、なかたんさんの頑張りは、Twitterのフォロワーさんに確実に伝わっていると信じています。私の経験上、どうしても、独学でIELTSを学習していると、孤独になってしまうので、こうして「異文化の魔法」というプラットフォームと、私自身の経験、それから、なかたんさんの頑張りが合わさり、IELTS学習者のみなさんのモチベーションアップに貢献できていれば、いいなーと思っていました。

なかたん<br>さん
なかたん
さん

僕もこの企画を通じて、いろいろな人と交流ができて、楽しかったです。

saya
saya

ですよね!
もし、よろしければ、このIELTSコーチング企画を総括して、簡単にご感想をお聞かせいただけますか?

なかたん<br>さん
なかたん
さん

素直に・・・、IELTSコーチング コーチングしていただかなかったら、いったいどうなっていたんだろう・・・って怖くなる、というのがまっさきに浮かぶ感想です。 バンドスコア伸びた!!やった!!より、そっちです。 そのくらい、これは自分一人で見つけるのは無理だっただろうな、、、って思う学びの機会でした。

saya
saya

なるほど〜。そうですか。

なかたん<br>さん
なかたん
さん

それまで、いろんなブログを拝見し、参考にさせてもらっていましたが、今振り返ると、難民でした・・・さまよってた。 「テンプレートを覚え、それに沿って書いたらいいよ」と勧めてくれてるけど、そのテンプレートが書かれているサイトはほとんどなく、僕にはわからなかった。 「サンプルアンサーを参考にしましょう」といってくれるけど、どのサンプルアンサーがいいのかもわからない。いろんな形で書かれてるものがあるし、再現性のありそうな自分の英語力に合うサンプルアンサーってバンドスコアが低かったり。でも、高バンドスコアのサンプルアンサーだと、そういう表現は今の僕にはできないなぁ、、、みたいな。

saya
saya

うんうん、とってもよく分かりますよ。そうですよね。

なかたん<br>さん
なかたん
さん

Sayaさんもブログで書かれている通り、特にライティングについては、教えていただくのはとても大事なことなんだなぁ、と実感しました。 スクールに通えば、IELTSライティングの情報は得られるのかな。 ただ、それが難しい人にオススメなのは、SayaさんのIELTS対策にある記事をじっくり読んで、整理することだと思います。特に下記の参考記事は必見で、僕のバンドスコアが伸びた要素がここにぎゅっと詰まっている気がします。

なかたん<br>さん
なかたん
さん

企画当初「日々の学びを発信していけたらなぁ」「Sayaさんに教わったことをみなさんに共有できたらなぁ」と思っていましたが、がむしゃらにやるのが精一杯で、言ってた形と違うものになってしまいました。でも、僕が発信するまでもなく、実は、その「学び」のエッセンスは、Sayaさんのブログに書かれていることがほとんどです。 冒頭述べた通り、教えていただかなかったらここまでに至ることはなかったと思いますが、それでもSayaさんのブログに書かれていることは、本当に大事な視点なんだと改めて思いました。

saya
saya

そう思ってくださりありがとうございます。たしかに、なかたんさんがあげてくださった、二つの記事は、「ひとまず、ライティングでBand6.0を狙いたいな〜」と思っているIELTS学習者さんには、とても使いやすい記事かもしれないですね。

なかたん<br>さん
なかたん
さん

本当に、とても勉強になりました。ありがとうございます。
加えて、Sayaさんにコーチングしていただいてよかったと思うのは、単にIELTSライティングで点数を取るための攻略じゃなかったってことです。個人的なことですが、僕は、攻略法って苦手で、単純に「こうすればこうなる」をそのまま取り込むのが苦手なんです。「なんでなんだろう?」とか色々考えちゃって。Sayaさんは、自身のご経験を踏まえて、ブログでもコーチングでも、アカデミックライティングというものは・・・というところに基づいて伝えてくださるのが、とても助かりました。「IELTSライティングはゴールじゃないですからね。それをきっかけに海外の学校で学ぶためのものですから。だから、先を見据えながら、エッセイの書き方の基本を学んでいると思ってください」と最初のコーチングで聞いた衝撃は忘れられません。

saya
saya

懐かしい・・・確かに私、どのようなお話をしましたね笑

なかたん<br>さん
なかたん
さん

あとは、ライティング学習にどれだけ時間を割けるか、、、ですね。僕はこの45日で合計84時間、1日平均約2時間弱とりました。それに加えて、Sayaさんとの日々のやりとり、週に1度のコーチングです。現在、仕事をせずに英語学習に集中できる環境にあって、幸いそのように時間確保ができましたが、お仕事されていたりすると時間確保がほんと大変だろうと思います。 この約1ヶ月半の間、毎日のようにやり取りをし、書いたエッセイも丁寧に添削していただきありがとうございました。Sayaさんの貴重な時間をいただいていることへの恐縮、Sayaさんが長い時間をかけて苦労されて身につけられたことを教えていただくことへの恐縮、とにかく恐縮しっぱなしでした。一生懸命やってくださることに、自分が応えられるのは一生懸命やることだけで、結果ばかりは自分の意思でどうこうできないので不安でしたが、それもこうして形になってきて、嬉しさと安堵がこみ上げてきます。 本当にありがとうございました。 これからも頑張っていきたいと思います。

saya
saya

いえいえ、とんでもないです。本当にお疲れ様でした!

ツイッター企画:#異文化の魔法特別企画を終えて・・・

saya
saya

先に、少しだけ話をしたと思うのですが、本企画の趣旨の一つは、Twitterのフォロワーさんも含めて、IELTS学習者の方々も含めて、ゆるーく、楽しく、みんなで勉強をしよう!ということだったわけなんです。なので、#異文化の魔法特別企画 というハッシュタグを使って、2週間、私がTask2のお題を出してみました。そして、自由参加形式で、フォロワーさんに、タスクのアイディアを出してもらっていったと思うのですが・・・なかたんさん、この企画はどうでしたか?

なかたん<br>さん
なかたん
さん

とーーーーっても勉強になりました。僕はどうしても、タスクの裏を裏を考えてしまったりして、論がごちゃごちゃになってしまうこともあって・・・。でも、みなさんのアイディアを読んでいると、とてもスッキリまとまっていて、勉強になりました。
どうしても、プランニングをする時、アイディアが出てこなくて、考えることに時間を使ってしまうことが多かったので、みなさんの多様な意見はとても貴重でした。

saya
saya

ですよね。実は、私たちのコーチングの際にも、みなさんが出してくださったアイディアを見て、この論理展開だと、スッキリしていいよね〜とか、教材として使わせていただいておりました。

実は本企画、なかたんさん含め、合計で9名の方々にご参加いただきました!

一緒に学びを深めてくださった方々、とっても嬉しかったです。ご参加くださっていた皆様、本当にありがとうございました。

なかたん<br>さん
なかたん
さん

Sayaさん・・・・、僕一つ提案があるんですが!

saya
saya

なんですか?

なかたん<br>さん
なかたん
さん

僕、みなさんのアイディアを見せていただいて、Sayaさんのコーチング中にもみなさんのアイディアの話を聞かせていただいて、とても勉強になったので、少しばかりなんですが、今回の企画のまとめとして、IELTS学習者さん、みなさんに役立つように、#異文化の魔法特別企画 のハッシュタグを全て振り返って、みなさんが出してくださったアイディアを表に集約しました!
それを、異文化の魔法に掲載してくださいませんか?

saya
saya

おぉ!それはすごい!良いアイディアですね!!
#異文化の魔法特別企画のプランニングアイディア集というわけですね。

必ずIELTS学習者のみなさんに役立ちますね!

ぜひ、公開しましょうー!

#異文化の魔法特別企画のアイディア集プレゼント

ということで、次の資料は2021年3月13日〜3月27日まで開催した

 #異文化の魔法特別企画 の一部として

Sayaが毎日、今日のお題を出題していたのに対して、フォロワーさんのみなさんが

アイディアを出してくださったプランニングのアイディア集をご提供いたします!

まずはじめに、15回の課題は次のようなものでした。

こちらの課題は、SayaがIELTS Mentor から

なるべく多くのテーマの課題に触れられるようにと選択したものです。

続いて、みなさんのご回答は次のように

なかたんさんがGoogle Spread Sheetにまとめてくださいました

15回分すべてが収録されています。

なお、IELTSライティングの特徴は・・・

私が以前執筆した【IELTS writing勉強方法 】課題の種類の多さ克服 傾向と対策まとめ の記事でもわかりますよう、IELTSは課題の種類がとーっても豊富なところです。

ですから、日頃の学習でもアイディアのストックを作っておくことは大切です

現在IELTSのライティング対策をしていらっしゃる方々であれば

ぜひ、この15回分のアイディアをまとめたり

参加者の方々の良いアイディアをご自身のノートにまとめるなどして

IELTS学習に取り組んでみてくださいね。

こちらのシートへのアクセスは、下記のリンクからどうぞ。

そして、今回の企画に参加してくださったフォロワーの皆さま

改めまして、お仕事や学業等で毎日お忙しい中、時間を作ってくださりありがとうございます。

こんかいのGoogle Sheetの表は、みなさんの努力の結晶です!

感謝しております。ありがとうございました。

おわりに:なかたんさん頑張って!

最後に、なかたんさん、この1ヶ月半のIELTSの学習お疲れ様でした。

そして、#異文化の魔法特別企画 を応援してくださった方々、本当にありがとうございました!

コーチングはこれで終了となりますが

連載企画の記事はこれで終了ではありません。

第四回目がありますからね!

その第四回では、なかたんさんが、2021年4月10日のIELTS試験を受け

その結果を受け取った後、オフィシャルスコアを元に記事を公開します。

きっと、読者のみなさまも、なかたんのスコアの結果が気になるところではあるかもしれませんが

私としては、結果がどうであれ

一生懸命IELTSに向き合っていた、なかたんさんの努力素晴らしいものであったと感じます!

なので、あまりプレッシャーはかけたくないですし、今回はこのくらいにします。

なかたんさん、お疲れ様でした。

そして、エッセイはいつも通り、今、できることを書けば100点満点です♪

コメント