「本は耳で聴く時代?!」Amazon Audibleの無料体験はキャンペーンこちらから

英語のスピーキング上達には独り言トレーニングを活用すべし

独り言トレーニング楽しく英語学習

英語のスピーキングの難しさ

言いたいことを不自由なく話せるようになるなんて、いつ訪れるものなのか・・・。

相手との会話のスピードと英語で文章を考えるスピードが追いつかなくて、なかなか話せなくなってしまう。

英語のスピーキングって、本当に難しいです。

言いたいことはたくさんあるのに

  • 自分の考えを英語の文章に直すことに、時間がかかってしまう
  • 文法事項への不安がある
  • 発音への不安がある

リーディングやライティングであれば、

分からないことは辞書を引きながらできるので、

精神的な負担は少ないですが、

スピーキングは相手がいるものですから、緊張してしまい、頭が真っ白!!

なんてことにもなりかねないですよね。

今回の記事では、そんな悩みの解決のお手伝いをします!

英会話学校のネイティブ講師の悩み

一方で、英会話学校のネイティブ講師は、

日本人のスピーキング力についてどう思っているのか?

という視点で考えてみたことはありますか?

Hello! Everyone!

実は、私はタイの言語学校で日本語教師をしている時、

イギリス人の先生にこんな相談を受けたことがありました。

Saya・・・。

僕の生徒に40代くらいの、とても真面目な日本人の生徒がいるんだ。彼は、本当にいい人なんだ!

でも、僕は、どうやって彼をサポートしていいのか分からないんだよ・・・。

他の英語の先生もどうすればいいか、分からないんだ・・・。

saya
saya

何が大変なの?

ri
ri

僕が質問をすると、彼は長いこと黙ってる。

そして、すごく悩んで、難しい文章と単語を使って話すんだ。

僕は、簡単な文章でいいし、間違ってもいいよ・・・と言っているんだけど、伝わらないんだ。

Why Japanese People!!!?

私は、ネイティブの先生の悩みを聞いて、納得する部分もあれば、

言語習得って本当に難しいな〜と感じました。

スピーキングが伸びやすい人の特徴

特に、ずば抜けて英語のスピーキング力が伸びる人は、

  • おしゃべりな人
  • 間違いを気にしない人
  • 度胸がある人

など、性格的な部分があると思います。

でも、全員が同じような性格があるわけではありませんし、

それぞれの強みがあるわけなので、

私は、間違ってもいいから簡単な文章にしてみよう!

では、なかなか上達できないと思います。

なので!!今回は独り言トレーニングを提案いたします!

独り言トレーニング

独り言トレーニングとは、とても簡単なトレーニングです。

ただ、普段の生活に、英語を入れ込むだけ。

「独り言」ですから、相手も入りません(笑)

それでは、詳しい方法をご紹介いたします。

普段の生活の思いつきを英語に変える

普段、なにげな〜く考えていることってたくさんありますよね。

(例)お腹すいたな〜。ラーメン食べよう。

頭の中でッポンと浮かんだ一言を、英語に変えてみましょう。

I am hungry. I want to eat ramen.

簡単ですよね。これでいいんです。

英語の文章は短文にする

英語のスピーキングが苦手な方は、

文法を考えるのに時間がかかってしまって、黙ってしまう傾向があります。

長い文章は、カッコよく思えますが、

スピーキングにおいては、長い文章を使うと、

話しているうちに、自分自身が混乱してくるので避けましょう。

普段から短文を使うトレーニングをすることが重要です。

(例)明日の会議のための資料がまだできていないので、今作っているところです。

I am now preparing the handouts for tomorrow’s meeting because they are not completed yet.

We have a meeting tomorrow.

But, the handouts are not finished yet.

So, I am making them now.

ライティングの場合、

ButやSoが文頭に来るのは避けた方がいいですが、

スピーキングでは、なんでもありです!話は流れていきますから(笑)

とにかく、一番大切なことは、短い文章であることです!

Twitterを活用する

Twitterって独り言のオンパレードですよね。

私もTwitterをしていて(@l0vu4evr)、楽しく交流させていただいております。

私は日本語でツイートをしているのですが、

英語の勉強のために、英語でツイートしている人もいっぱいいます。

私もたまに英語でコメントをいただいたりするので、

その時は英語でお返事をしています。

このように、英語で考える習慣をつけるという意味では、

Twitterを使った独り言トレーニングは、画期的な方法だと思いますよ。

独り言トレーニングでスピーキングに強くなろう

最後にまとめます。

英語のスピーキングに強くなるには、慣れが重要です。

外国人を目の前にした時に、

緊張しちゃって、言えることも、全く言えない!

という状況にならないようにするためにも、

独り言トレーニングを普段の生活に取り入れてみてくださいね。

独り言トレーニングの方法まとめ
  • 普段の生活の思いつきを英語に変える
  • 英語の文章は短文の簡単な文章を使う
  • TwitterなどのSNSを利用してみよう

コメント