「本は耳で聴く時代?!」Amazon Audibleの無料体験はキャンペーンこちらから

読むと気持ちがワクワクするおすすめ本 5選

エッセイ

「読むと気持ちがワクワクする本」とは?

今回は、「読むと気持ちがワクワクする本」をテーマに記事をまとめます。

 

この「気持ちがワクワクする」とは?

あくまでも、本の選出者である私!SAYAが、

実際に100冊読んで、あー!!ワクワクした!!!

と思った、主観での判断です(笑)

 

この100冊というのはですね・・・。

実は、私、以前「100冊リーディング」に挑戦していたんです。

それは、教員時代に、一人、黙々と読んでいました。

当時の私には、読書をするという習慣があまりなかったので、

1年間で100冊、しかも、慣れない仕事をしながら!

というのは、すごいチャレンジではありました。

当時の私は、

  • 二宮金次郎のように、
  • 歩きながら、
  • トイレの中で、
  • 仕事や大学院の準備の合間、

ずーっと本を読んでいました。

そして、本も、一気に3〜4冊、同時進行で読んでいたのを覚えています(笑)

 

私は「やる!」と決めたら、やり抜くまで満足できない人間なんですね〜。

saya
saya

今日は、この100冊必死になって読んだ本の中から、これはワクワクしたぞ!!と私が自信を持っておすすめできる5冊をご紹介いたします〜! 

その1:10分後にうんこがでます

最初から、強烈なタイトルだと思いますが

私は、この強烈なタイトルも気に入っています。

もちろん、このタイトルを見ると、

「お!!」と思わせてくれる、インパクトがあるのですが

でも、私は筆者の「排泄物」にかけた熱い思い!に感銘しました。

トイレに行くという行為は、私たちは人間である以上、

当然のように行っていることだと思います。

でも、そんなトイレに行くという自然にできる行為・・・

saya
saya

なぜ、本の写真のようなデバイスを使って、「10分後にうんこがでますよ〜!」なんていう、アラームが必要だと思いますか?

ぜひ、この質問の答えを考えてから、この本を開いて欲しいと思っています。

その2:世界でいちばん幸せな国フィジーの世界でいちばん非常識な幸福論

次の本は、世界でいちばん幸せな人たちの本です。

幸福な国といえば・・・

一時期、ブータン!が有名になりましたよね。

でも、フィジーの人も、幸せー!って感じているようです!

saya
saya

幸せってなんだと思いますか?お金がたくさんあること?生活が豊なこと?では、先進国の人は、途上国の人より幸せなのでしょうか?

海外に住んでいると、日本の「当たり前」が「当たり前ではない」ことに、面することがたくさんあります。

どっちが正しいか?ではなく、

「へ〜、面白い。こんな生活スタイルあるんだ〜」

っていう視点を持っていると、楽しく海外ライフを満喫できます。

では、フィジー人の生活スタイルってどんな感じだと思います?

もちろんね、日本の「当たり前」の生活ではないのは確かです。

実は、「おっと!???」っということが、たくさんあります。

その「おっと???」ということが・・・

もしかしたら、幸せ・・・なのかもしれません。

ぜひ、その「おっと???」をこの本を通して、知ってみてください!

その3:旅屋おかえり

私の大好きな大好きな、原田マハさんの本は、すべて素敵です。

とても読みやすくて、一気に、ストーリーにのめり込んでしまいます。

私が100冊リーディングをする前、私には好きな作家さんという方がいませんでした。

でも、原田マハさんの本「暗幕のゲルニカ」という本を読んで、一気に彼女の世界に入り込んでしまいました。

暗幕のゲルニカは、気持ちがわくわくというか、ゾワゾワする感じなので、今回は、「旅屋おかえり」を紹介しました。

saya
saya

旅屋おかえりのポイントは、東北が舞台ということです!!

彼女の文章を読んでいるだけで、懐かしい、東北の光景が、鮮明に思い出されます。

あー!温泉に入りたい!!東北は、寒いけど、人はあたたかい。

そんな、気持ちにさせてくれる、素敵なお話です。

その4:1Q84

 こちらは、超大作ですね。

私は、村上春樹さんの本が大好きです。

とりあえず、彼の作品は、すべてを忘れて、本に没頭したい!

と思っているときに、一気に読むと、いいですね(笑)

特に、IQ84は、日本の社会問題を反映しているような・・・

これまで、日本で起こった事件が重なって感じるような・・・

でも、やっぱり、村上ワールドなんです。

村上春樹さんの本を手にとったことのある方は、分かると思いますが、

彼の作品は、なんか少し暗かったり、

キーワードは出てくるんだけど、その答えの解釈が色々とできたり、

または、最後まで「????」と終わったり。

とにかく、私は彼の作品を読むと、「????」で終わることが多いんです(笑)

例えば、(少しネタバレしちゃいますが)

この本に出てくる妖精みたいな?

「リトルピープル」というものが、何を意味しているのか、

私は、いまだに分かりません(笑)

分からないからこそ、私の頭の片隅で、

リトルピープルの印象が強烈に残っているのかもしれません。

また、彼の作品を読むたびに、村上ファンの人と語り合いたくなります。

saya
saya

誰かと、本について語り合いたい!なんて、思ったことのない私なんですが、唯一、村上さんは、そういう風な気持ちにさせてくれたんです。

彼の本は、すべておすすめですが、お時間があれば、ぜひ、この長編作にトライしていただきたい!と思っています。

その5:察しない男 説明しない女 男に通じる話し方 女に伝わる話し方

 最後に、全く違う分野の本です。

saya
saya

これはさらっと読めますし、読書の習慣がない人でも、異性に興味があれば(笑)読めます(笑)

面白いことに、男性、女性のコミュニケーションの取り方って全然違いますよね。

男性からしたら、

女性ってよく分からんな〜

と思うかもしれないし、

女性からしたら、

もう!男性って!!

って感じのことがあったりと・・・。

なかなか、理解し合えない・・。

でも、理解し合えないのを、そのままにしてしまうと、

仕事関係でも、家庭関係でも、良い結果を生まないので(汗)

少し、相手のことを理解する!

という意味で、こんな本に目を通しておくといいかもしれません。

そうすると、今まで理解できなかった相手の行動を

許せたり、支えることができたり、人として少し器が大きくなれる気がします。

saya
saya

これを読めば、パートナーとの関係も今以上に良くなるかもしれないし、パートナーがいなければ、ある意味、異性への理解が進んでモテるかもしれない!!!?(保証できないけど汗)

終わりに

100冊リーディングのあとですが、

実は、私は、読書をするということが、苦ではなくなっていました。

苦手なことも、やり続ければ、なんとかできるようになるんだな〜

という価値観の変化を迎えられたわけです。

特に、原田マハさんの本が、素敵過ぎて、作家さんにお会いしたい!

と初めて思いました。

また、村上春樹さんの本は、

スーッと物語の世界に連れていってくれて、

私を村上ワールドに入れてくれる感じ?で、いつも現実逃避をさせてくれます。

100冊リーディングという、とりあえず、手当たり次第に、多読の経験をしてみる。という自分への課題を課さなかったら、

私は、どんな人間で、どんな世界観を好んでいるのか、分からなかったんだろうな〜と思います。

だから、私は今、基本的に誰かに本を勧められたら、

とりあえず、読んでみるようにしています。

そうすると、もしかしたら、新しい自分の発見となるかもしれないから!

コメント