「本は耳で聴く時代?!」Amazon Audibleの無料体験はキャンペーンこちらから

私が一番大切にしている本:水谷 修先生の「こどもたちへ」

Mizutaniエッセイ

はじめに

水谷修先生という先生のお話を聞いたことはありますか?

先生は、別名、夜回り先生と呼ばれています。

昔、水谷先生は、高校教師をされていて、少年非行撲滅のために

日々「夜回り」をしながら、こどもたちに声をかけ続けていました。

今は、花園大学の客員教授としてご活躍のようです。

先生の本で一番有名なのは、「夜回り先生」です。

私は、この夜回り先生の本を、中学生だった頃に、手に取って読みました。

田舎者だった私は、本の中に書いている世界は

まるで別世界のようでした。

世の中には、こんな生活をしている高校生がいるんだ・・・

と思った覚えがあります。

そして、一生懸命高校生と向き合っている水谷修先生の姿が、とても印象的でした。

水谷修先生に会った日

「水谷修先生がくる!」

そんな情報をもらったのは、私が高校生のころでした。

一年生だったような気がします。

私にとって、水谷修先生は、「有名人!!」でしたので

絶対に行かなきゃ!と思って、水谷修先生の講演会に参加しました。

先生の講演は、私の高校の近くの市民会館で行われました。

しかも、無料でした。

直接、水谷先生のお話を聴けるなんて、ワクワクが止まらなかったのを覚えています。

講演会で見た光景

当時の私は、高校生。

水谷先生は、私たち高校生に向けて、「辛くても生きんだよ!」というメッセージを伝えたかったんだろうなと、思います。

私は、ただただ有名人見たさで講演会に出かけた、田舎者の高校生だったのですが・・

でも、水谷先生は、そんな高校生1人でも多くに、話しかけたかったんだろうな〜と今となっては思います。

講演会の中で、私は水谷先生に言われた一言と、その時に見た光景が忘れられません。

「みなさん、今から目を瞑ってください。そして、みなさんに聞きます。この中で、リストカットなどで、自分を傷つけたことがある人はいますか?手をあげてください。」

私は、その時「っえ?」と思いました。

そして、薄目を開けて、ちょっと周りを見てしまいました

(もう時効ですね。ごめんね)

そしたら 、かなりの人が手をあげていて

私は、背筋がゾワっとしました。

そうなんだ・・・。みんな、そんなに辛い思いをしていたのか・・・。

「夜回り先生」の本で読んだことが、こんな身近に・・・。

と、思った出来事でした。

サインをもらった

講演会終了後には、水谷先生が本を買った人を対象にサインを書いてくれました。

当時の私は、有名な人にサインなんてもらったことがなかったので、

1200円というお金は、私にとって大きな金額だったのですが、

この一冊の本に使うことにしました。

それが、「こどもたちへ」

とても、とても、短い本なのですが

先生の強いメッセージが伝わってくる本です。

先生の「いいんだよ」というメッセージからは

存在を認めてくれるような、暖かくて、強い気持ちが伝わってくるような気がします。

終わりに

高校生だった当時の私には、将来私が学校の先生になっていることなんて想像だにしませんでした。

そして、あの時、わずかなお小遣いだったのですが

この本にお金をかけて良かったと、今、本を読み返しながら感じます。

少し大人になった私が、教員になって、教育社会学を勉強し直し、この本を読んでみると、当時の感覚がフワッと蘇ってくるんです。

特にあの時「手をあげて」と言われた瞬間が目に焼き付いています・・・

久々にこの本を開いてみると、

私は、今大人になり、子どもたちに何ができるのだろうか?

ということを、考えさせられました。

コメント