「本は耳で聴く時代?!」Amazon Audibleの無料体験はキャンペーンこちらから

【大学院留学】修士論文の指導教官はどうやって決まるの?

supervisorイギリスの大学院

はじめに:指導教官が修士論文の行末を左右する

大学院留学を考えている方の不安の一つは

「修士論文」ではないでしょうか?

でも、実際のところ、不安半分、ワクワク半分という感じでしょうか?

私は、研究できることが楽しみだったのですが

私の考えていることが、ちゃんと先生に伝わって、

面白い!研究の価値がある!

と、思っていただけるのか・・・

とても不安でした。

UCLの先輩からも少し・・

私の先生は、いい人なんだけど・・・でも、んー。

なんて話を聞いていたので

先生との関係次第で、こんなにも修士論文に影響が出るのか!

と、大学院がスタートする前から感じ・・・

私は先生とうまくやっていけるのだろうか?

私の英語力で、先生に思いは伝わるのだろうか?

本当に心配でした。

でしたので、大学院がスタートするや否や、

私は修士論文のための勉強は必死に取り組みました。

(もちろん、全ての授業に必死でしたが・・・汗)

UCL の教育社会学専攻の修士論文の進み方

今回は、私が所属しているUCLの教育社会学コースを例にしてご紹介いたします。

UCLの内部でも、修士論文の決まりや、進み方は、とても大きく違うので

私の話は参考にならない方が多いかもしれませんが

イギリスの大学院の一例としてご紹介いたします。

私の場合、11月初旬ごろに研究のアイディアの提出が求められました。

そして12月には指導教官が決定しています。

詳しいスケジュールは以前のこちらの記事に時系列でご紹介しております!

では、どのようにして指導教官が決まったのか、お話します。

指導教官の決まり方

11月初旬に求められた研究のアイディアレポートは、

150~300 wordsの短いものでした。

このレポートで書いたことは次のようなことです。

  • 研究のテーマ
  • 研究方法(インタビューなのか?アンケートなのか?)
  • 研究対象(子供?親?先生?)
  • リサーチクエスチョン(どんなことを明らかにしたいのか?)

こんな程度書くと150~300 wordsはあっという間に埋まりました。

逆に、物足りない感じでした。

研究についてのアイディアを考える時には、こんなことを考えるといいよ!という流れを記事にまとめています。もし、修士論文の研究が不安だな〜と思う方は、下記のぜひご覧ください。

で!

150~300 wordsのアイディアのレポートを先生方が読んで

僕はこの学生を担当するよ!

私は、この学生の研究なら指導できそうだわ〜

という先生方の会議のゆえ12月に担当教官が発表になりました。

私は、内心自分の研究テーマを指導できる先生がいなくて

このJAPANの子、余ったけど、誰か指導できる人いない?

なんて、言われていないか・・

ビクビクしていました(笑)

でも、今、当時を思い出しながら書いていると、私は余計なことばかり考えていましたね(笑)

指導して欲しい先生がいる場合

150~300 wordsのレポートで、先生が決まる

ということは、修士課程の最後の最後まで、その先生と共に過ごす!という大きな分かれ道です。

  • 毎年、修士論文の締め切りに間に合わせられない学生がいます。
  • 研究の方向を見失って、どうしていいか分からなくなっている学生がいます。

もちろん、修士論文の執筆は、学生の責任ですから、先生におんぶに抱っこは禁物です。

しかも、イギリスは「自主性」を重んじる文化ですから「受け身」は絶対にNGです

どんどん、自ら考え、自らアクションを出していく必要があります。

ということで・・・

コース内の先生の中で、この人の研究が素敵だ!教わりたい!

と思うような先生がいた場合、学生は積極的にメールをしたり、研究室訪問をしていました。

自分の興味を伝え、先生に教わりたい!

というアピールですね!

そうすることで、先生の会議の時に、選択してもらうという方法を選んでいる学生もいます。

この方法は、先生方からも、もし教わりたいことがあれば、このようにアピールしてね!と伝えらていました。

指導して欲しい先生がいない場合

9月に入学して(実際は10月から授業スタート)、11月に研究内容を提出って・・・

結構キツイと思いませんか?

大学にも慣れていないし、大学院で研究を学ぼう!と思ってきたのに・・・

入学して1ヶ月で、研究のフレームワークを書いてね!

って。

saya
saya

ねー。

そんな状況であれば、「指導していただきたい先生」を探す以前に

自分の研究したいことは何か?

という点が、まだ定まっていなかったり・・・

このような状況で、先生にアプローチするには自信がなかったり・・・

どの先生にアプローチして良いものか分からなかったり・・・

すると思います。

それは、それで、いいと思います!

その場合は、割り当てられた、先生とゆっくり構想を練っていけばいい話ですからね。

私の場合

そして私の場合です。

私の先生についてのお話は、何度かTwitter (@ l0vu4evr)でご紹介させていただいたのですが

私の先生は、女性の先生で、一生懸命指導してくださる方です。

私の憧れです。

こんな素敵な先生と出会えたことが、私にとってUCLに来たことでも、一番良かったことでした。

指導教官が割り当てられる前は、とても不安が多かったのですが・・・

この先生との出会いが、本当に私を安心させてくれました。

では、どのようにして私はこの女性の先生と廻り合えたのか・・?

実は、私はどの先生にもアプローチしていません

なので、先生と出会えたのは、私の運なんです。

実際のところ、先生方の会議の前、指導していただきたい先生にアプローチすべきか?

とても悩みました。

でも、色々な先生の過去の研究を見ても、

日本の教育について研究されている先生はいなく

どの先生が、私の研究指導にあたってくださるのか?

私には検討がつきませんでした。

それなら、無理に私からアプローチするのではなく、先生から、私の研究のフレームワークを見ていただき、選んでいただいた方が、一番いいかなと思ったんです。

私と指導教官の出会い

そして、来たる12月の指導教官発表の日。

今の指導教官の名前が・・・。

この先生は私たちの授業を受け持ってくださってはいたものの、私は直接お話をしたことがなかったので、どんな先生かよくわかりませんでした。

なので、先生をネットで検索し、先生の過去の研究を調べたんです。

でも、先生が研究されていることは・・・私の興味の分野なのか???疑問でした。

なぜ私が先生の元についたのか?

本当に、わかりませんでした。

とりあえず、ご挨拶をしないといけないな!と思い

授業の休憩時間中に、先生の元に近づき・・・

先生に自己紹介!

saya
saya

Sayaです!修士論文のご指導よろしくお願いいたします。私は日本から来ました。

きっと、私のこと全然分からないだろうな〜

とか

きっと、私の研究のフレームワークなんて、あんまり覚えていないんだろうな〜

とか

思って話しかけたんです。

(なんかネガティブですね笑)

そしたら ・・先生は私を見て

誰だこの子?

みたいな表情をして・・・

あー!日本の学校の先生にインタビューするって言ってた子ね!あなたの研究が面白いな!と思って、私があなたを選んだのよ!

と言ってくださったんです。

この瞬間、私は本当に嬉しかったのを覚えています。

あ、認めてもらえた!と。

その日から、今日まで、先生には、感謝でいっぱいです。

まとめ:指導教官との相性は運だけではない

日本の大学院であれば、大学院入学前に、研究室に訪問へ伺ったり、ゼミに参加させていただいたり、ということが一般的かと思います。

イギリスの大学院でも、キャンパスビジットといって、大学訪問をする人もいるものの

基本的には、大学訪問をしなくても受かることが多いです。

(でも、コースによるかもしれません)

そのため、修士論文の指導教官は、運なのか・・・、、なんなのか、、、?

というのも、実際にアプローチして指導教官になっていただいても、

なかなか、うまく関係性を作れない人もいたり

アプローチせずして決まった指導教官が、他の仕事との兼業で、忙しすぎるため、修士論文の指導はほとんどしてくれなかったり・・・

という不運な場合もあるためです。

でも、それは運だけが原因ではなく、

私たち学生がどれだけフレキシブルに先生とコミュニケーションを取れるか?

という点にも関わってくるので

先生との関係は、運でもあり、私たちの柔軟性でもあり、努力でもあり

色々な要因が関わっている気がします。

コメント