「本は耳で聴く時代?!」Amazon Audibleの無料体験はキャンペーンこちらから

【イギリスの銀行】HSBC銀行口座の開設に必要な書類5点セット

uk bank account hsbcロンドンの生活

はじめに:留学先で現地の銀行口座は必要か?

こんにちは、Sayaです。

今日は銀行口座のお話です。

私は1年間UCLの修士課程に在籍している間、イギリスのHSBC銀行の口座を開設し

私のメインバンクとして使っていました。

サブバンクは、オンラインバンクのMonzoRevolut の二つを所有していました。

  • メインバンクのHSBCは主に大学の学費の支払い
  • Monzoは普段の生活費の支払い
  • Revolutはアプリで簡単に両替ができ、外貨口座を持てるので、ヨーロッパ旅行用

という感じで、使い分けていました。

私は、このような使い方で結構うまくまわっていたな〜と思います。

お金の管理の仕方を考えたとき・・・

イギリスの大学の学費は高額で、その支払い方法に悩まれる方が多く

日本のクレジットカードで支払い、日本の口座から引き落としにする方も

少なくはありません。

実際に、私の場合HSBCの口座の開設は結構大変でした。

ですが、HSBCの口座を開設できたおかげで、レートの変動にも左右されず

まとまったお金を現地に置いておけるという点では

最初に頑張って開設して良かったな〜と感じています。

口座開設のためにチャレンジした2つの銀行

私は、HSBCの銀行を2019年7月に開設しました。

現地に到着は6月の上旬でしたので

約1ヶ月間は銀行口座のない状況で過ごしていました。

私は現地に40万円分のポンドを現金で持参していたため

毎日ハラハラした気分でした(汗)

私が銀行口座開設のためにチャレンジした銀行は2つあります。

  • Barkleys
  • HSBC

Barleysはイギリスの中でも、有名な銀行の一つなのですが・・・

私は、Barkleysにふられました。

つまり、Barkleysでは銀行口座の開設ができなかったんです。

開設できなかっ理由は・・・

私がプリセッショナルコースの学生だったからでした。

プリセッショナルコースの学生は、基本的に大学院入学時期(だいたい10月の中旬)までのTier4 ビザしかもらえません。

そのため、現地で延長申請をしなければいけないのですが・・・

銀行口座の申請のためには、現地滞在可能のビザの残り日数が3ヶ月以上なければ、かなり難易度が上がるんです。

ということで、私はBarkleysの人に開設できないといわれました。

そのため、HSBCへ行きました。

HSBCでも同様の理由で断られたのですが・・・

店舗を変えたら、さらっと通してくれました(笑)

私の銀行口座を開設してくれた優しいHSBCの支店は

HSBC Chinatown Branchです。

ただし、ビザの有効期限が3ヶ月未満の場合、

銀行開設の申請が通るか通らないかは・・・運次第

私はたまたまChinatownで出会ったHSBCのお兄さんが優しかったので

この支店で開設することができましたが、

人が変われば、開設できない可能性もありますのでご注意を!

なお、大学院の正規課程用のTier4ビザを持っていたら

間違いなくBarkleysもHSBCの審査はどこでも通るはずですよ!

口座開設のために必要な書類5点

それでは、つづいて、今回のメイントピック

私が銀行口座のために持参した書類5点をご紹介いたします。

パスポート

現地で口座を開設するためには

もちろんビザがなければいけません。

たとえ、有効期限が3ヶ月未満であれ

ビザのシールの貼ってあるパスポートを持参しましょう。

大学からのBank Letter

大学に留学すると大学がBank Letterというものを発行してくださります。

その中には

  • 名前
  • 現在在籍しているコース
  • イギリスの住所

などの情報が書かれています。

学生の場合、このBank Letterがなければ

銀行を開設するのは不可能ですので、大学から作成してもらいましょう!

どの大学もBank Letterについては

学期の始めにオリエンテーションで説明をしてくれると思いますよ。

ハウスオーナーからの滞在証明

私は寮ではなく、フラットに住んでいたので

ハウスオーナーからの滞在証明を作成していただきました。

滞在証明書には

  • いつから住み始めて
  • どこの学生で
  • どのコースに所属していて
  • いつまで滞在予定であるのか
  • ハウスオーナーの勤務先
  • 連絡先

を含めていただきました。

寮の場合は、それに準ずる書類が

大学の個人専用サイトからダウンロードできるはずです。

ハウスオーナーのCouncil Taxの証明

これは予備になるのですが、Council Taxとは税金を納めているという証明のことです。

私の場合「なぜか」1回目のHSBCの支店で

ハウスオーナーのCouncil Tax Billを持って来なさい

と言われました。

でも、2回目のHSBCの支店では必要ないと言われました。

ま〜、学生ですから、Council Taxの証明を求められる方がおかしいのですが・・・

この証明を求められることもあるようなので

一応頭の片隅にでも置いておいてください。

持っていたらBRPカード

BRPカードとは、Biometric Residence Permitといって

外国人の滞在証明のようなものです。

効果としてはビザと同じくらいの力があります。

基本的に、3ヶ月以上の長期滞在者の場合はBRPカードが配られます。

銀行口座開設のときも、BRPカードの提示が求められるのですが

プリセッショナルコースは3ヶ月未満のビザしかおりませんので

BRPカードをもらえません。

ですが、わたしは、3度目の銀行で口座を開設できました。

ということは・・・

BRPカードがなくても、口座は開設できるということを証明しました(笑)

でも、持っていましたら、持っていく方がいいです!

まとめ:銀行口座の開設に必要な5点セット

それでは、まとめます!

銀行口座の開設に必要な書類は次の通りです。

銀行口座の開設に必要な書類
  1. パスポート
  2. 大学からのBank Letter
  3. 滞在証明書
  4. (ハウスオーナーのConcil Tax証明書)
  5. BPRカード(あれば)

ただし!

銀行によって提出する書類が違う場合もあるらしいので

口座を開設したいと考えている方は

口座を開設する前に、直接銀行に行って、必要な書類を聞いてみるのがいいと思いますよ!

コメント