「本は耳で聴く時代?!」Amazon Audibleの無料体験はキャンペーンこちらから

【IELTSレビュー】Paper-Based と Computer-Deliveredを体験して 比較してみました。

【IELTSレビュー】Paper-Based と Computer-Deliveredを体験して 比較してみました。IELTS対策

はじめに

saya
saya

みなさん、IELTSの勉強お疲れさまです。英語の勉強って、終わりなき戦いです。お互いに頑張りましょう!!

私のブログでは、私の過去のIELTS受験の記録や、勉強方法、私が実際に書いたエッセーなどをご紹介していきます。

ぜひ、このブログがみなさんの勉強のお役に立てればと思っております。

さて、今日はPaper-Based とComputer-Delivered のお話です。

saya
saya

みなさんは、受験するなら、どちらを選びますか?

IELTSの基本情報
  1. Paper-Based 試験は紙媒体の試験です
  2. Computer-Delivered 試験はパソコンでの試験です
  3. 受講料は、1回26,000円くらいと、どちらも同じです
  4. 面接試験は、Computer-Deliveredでは対応していないので、Paper-Basedと同じように実際に面接官との試験になります

受験料が一回 26000円くらいもする高額な試験ですから、私の経験談をぜひ参考にしていただき、自分に合う試験を選んでみてくださいね。

それでは、それぞれのメリット・デメリットを紹介します。

(あくまでも、個人的見解です。人それぞれ感じ方は違うはずです。)

Paper-Based 試験のメリット

person holding blue ballpoint pen writing in notebook

その1:Readingの対策がしやすい

  • Paper試験の場合は、普段のIELTS対策として、本番同様の解き方の練習がしやすいです。
  • 線を引く、丸をつける、自分の好きなシンボルを書くなど、紙に直接書きながら答えを導く練習を普段からできます。当日の試験用紙でも練習と同じように答えることができるので、練習の成果をしっかりと発揮することができます

その2:Listening の時間が多い

  • Paper-Based では、Listening の問題終了後に10分間、解答用紙に答えを書き込む時間が与えられます。(2020年度から少しListeningのテストに変更があったようです。)
  • この10分間で解答用紙に答えを書くだけではなく、見直しをしたり、自信がなかったところを改めて考え直すことができます。

Paper-Based試験のデメリット

faceless engineer adding details to sketch of aircraft

その1:受験者が多い

  • Paper-Based の方が受験者が多いため、受付の待ち時間が長い印象です。

その2:Writing 試験が大変である

  • 一度書いてしまったら、消しゴムで消すのも時間がかかりますし、書き足すのも大変です。
  • 何ワード書いているのかも分からないので、練習段階から本番と同じような試験用紙を用いて、自分の字の大きさだと何列目でだいたい何ワードなのか?ということを把握しておく練習をしておく必要があります。
  • たくさん書いてしまって試験用紙2枚目に突入する場合は、手をあげて試験管に知らせるというタイムロスができてしまう可能性もあります。

Computer-Delivered試験のデメリット

apple devices books business coffee

 その1:Writing試験がやりやすい

  • 文章のコピー、カット、ペースト、挿入全て楽にできます。
  • ワードカウントも表示されるので分かりやすいです!Computer-delivered の画期的なポイントです。

その2:受験日が多い

  • バンコクの場合は、受験日が1週間に4〜5回という頻度で行われているます。なので、予約が取りやすいです。(私はタイでの受験が中心でした。日本では、バンコクほど頻繁ではないようです。)

その2:受験者が少ない

  • 私の時は受験者7人という非常に小さい会場でした。
  • バンコクの場合、1回の受験で多くても15人という程度だそうです。(旅行がてら、バンコクに受験旅行を考えてもいいかもしれません。)

その3:結果が早い

  • 結果は5日程度で来ます。急いでIELTSの結果を受け取りたい方にはおすすめです。

Computer-Delivered試験のデメリット

computer

その1:パソコンの操作の練習ができない

  • Computerーdelivered の操作方法を練習することができません。
  • Paper-based の場合は、参考書を印刷するなり、自分で練習する方法はたくさんありますが、Computer-delivered はパソコンを使って練習する場がなく、ぶっつけ本番となってしまいます。
  • パソコンに慣れていない人は操作方法に苦戦し、英語力どころではなくなるでしょう。

その3: Readingのハイライト機能が使いにくい

  • Computer-delivered はListeningとReadingで自分が重要だと思うところにハイライトをすることができます。また、そのハイライトしたところには、メモをつけることもできます。このシステムが非常に使いにくい。そして、受験者全員がカチカチとハイライトしているので、うるさいです(笑)

 その3:タイピングの音がうるさい

  • Writing試験の時は、受験者全員が一斉にタイピングをするため、カチカチうるさいです。
対策:私は、この音で集中できなくなるのを防止するために、Listening用のヘッドフォンをつけながら、Writing試験に臨みました。何も注意はされませんので、使えるものは全て使うべきだと思いました。

Listeningの時間が短い

  • Listening のラスト10分は1〜2分程度しかもらえないです。
  • paper-basedで存在するラスト10分は、1-2分程度に短縮されているので、リスニングを聴きながら、答えをどんどん書き込んでいかなければいけないので、焦らされる感覚がありました。

まとめ:Computer とPaper どっちがいい?

woman discussing a lesson

このように、体験をもとにそれぞれのメリット・デメリットを考えたのですが、、、

saya
saya

私はComputer-Delivered が好きです。 その理由は、やっぱりWritingのクオリティーです。

・・・・と言いつつ、私はComputer-Delivered を受験する自信がなくて

過去にはPaper-Based ばっかり受け続けていました。

でも、初めてComputer-delivered を受けた時には

Paper-Basedに凝っていた自分を後悔しました。

saya
saya

さて、みなさんは、どっちを選びますか?

Paper-Based のメリット
  1. Readingの対策がしやすい
  2. Listening の時間が長い
Computer-Delivered のメリット
  1. Writingがやりやすい
  2. 受験日が多い
  3. 受験者が少ない
  4. 結果が早い

コメント