「本は耳で聴く時代?!」Amazon Audibleの無料体験はキャンペーンこちらから

【IELTSの謎】2種類のIELTS:British Council とIDPの違いとは?

BC or IDPIELTS対策

はじめに:IELTS試験の謎

みなさん、こんにちは。

私はIELTS試験と向き合って、数年

私はIELTSを分析し続けてきました。

その結果がIELTS Band Overall 7.5 / (最高Reading 8.5 / Listening 8.5)につながったと感じています。

でも、IELTS試験に対して、不信感しか抱けない事実が・・・

それは、IELTSの主宰団体は2つ存在しているということです。

IELTSにはBritish Council とIDPの2つのIELTSが存在しています。

なぜ、2つあるのか・・・?

その答えは、私もよく分からないのですが

British Councilはイギリス?IDPはオーストラリア?なのか?

主宰団体が違うというは、採点基準に差が出てしまうのでは?という不信感・・・。

(私だけですか?)

とりあえず、不信感を持っても仕方ないので・・・

この2つIELTSの特徴を上手く利用して、伸び悩んでいた点数を大逆転!!というチャンスを掴むべきですよね。

で!

私は、その大逆転を目指して、両方とも受験をしてみました。

 合計の受験回数は15回(British Council 13回 / IDP 2回) 

saya
saya

今回はその経験を元にそれぞれの違い・個人的感想の2つをご紹介いたします。 

British Council とIDPの違い

主催団体が違う

先ほども、少しお伝えしましたが、British CouncilとIDP主宰団体が違います。

  • British Council:英国の団体 (英検が管轄しています)
  • IDP:オーストラリアの団体(JSAFが管轄しています)

主宰団体が違うということは試験内容も違うの?

と考えがちですが・・・

  • 問題は全て同じです。
  • 採点基準も全て同じ
  • イギリス留学であれ、オーストラリア留学であれ、どっちを受験してもOK
  • 検定料金(25,380円)も同じ!(高い!!)

んじゃ、なぜ分ける!!

とつっこみたくなりますね笑

会場が違う

当然のことですが

会場が違います。

間違わないようにしましょう!!

British Councilの方が、色々な場所で実施してくれています。

  • British Council:東京・横浜・札幌・静岡・仙台・埼玉・長野・金沢・京都・大阪・神戸・名古屋・広島・岡山・福岡・熊本(詳細はこちら
  • IDP:東京(高田馬場・市ヶ谷)・大阪・札幌・埼玉・京都・名古屋(詳細はこちら

IDPの受験者数は圧倒的に少ない

British Councilの方がメジャーで、受験者数も多いです。

この傾向は日本でもタイでも同じでした。

日本でも受験経験はありますが、仕事の都合上、私のIELTS受験勉強の拠点はタイでした。

そのため、IDPの場合受付はとてもスムーズでした。

特にスピーキングも待ち時間ほとんどなしに、さらっと終わりました。

(受験時間にもよるかもしれませんが)

IDPの方が予約が取りやすい

受験者が少ないので、当然のことかもしれませんね。

IDPの場合スピーキングの面接官がオーストラリア人?

これは、実際のところは分かりません。

白人って、私にとってみんな同じに見えてしまって・・・。

IDPはオーストラリア主催だから・・・きっと・・・。

ただし、国によってはBritish Council であれ、IDPであれ、国によっては、アジア人の面接官もいます。基本的に、英語圏の人であれば、面接官になれるので、私の友人はカナダ人でBritish Councilの面接官になりました

IDPの場合、結果の表に分析がついてくる

同じ金額を払って、同じ試験を行なっているのですが

IDPのみ分析表を公開してくれるんです!

British Councilはバンドスコアの一覧のみ。

結果を受け取ると、意外とIDPって受験者に優しいかも?

と思えます。

この点については、IDPの方がお得かもしれません。

個人的な感想

結果に対する私の疑い

採点基準・採点方法・問題」全て同じですよ〜

と言っているBritish Council とIDPですが・・・

私は、Speakingの採点方法に疑いを持っています。

これまで私は過去13回British CouncilのIELTSを受験しました。

その時のSpeakingのスコアは、ほぼBand 7.0 低くても、Band 6.5です。

なのに、IDPは2回受験しましたが、どちらもBand 6.0。

Bandが1.0も下がるのは、不服です。

私の手応えはいつも変わらず、失敗した印象もないので、結局はスピーキングの点数って試験管次第なんだなと思います。

つまり

私は、一発逆転を狙って、IDPを受験したのですが

惨敗という結果で終わりました(苦笑)

再採点を出すという方法もありますが、かなりお金もかかりますし、待っている時間があるのであれば、次の試験に備えて、勉強をしていた方が健全だったりもします。ですが、実際に点数が上がる人もいるのは事実です。

ミラクルの確率

IDPを受験したら、急にWritingやSpeakingのスコアが上がった!

というミラクルが起こる人がいるのも事実です。

残念ながら、私は逆ミラクルが起こったのですが・・・(苦笑)

とある語学学校の先生は

IDPとBritish Councilの点数の差は結局相性次第なんだよ〜

だと教えてくれました・・・。

その相性とは

  • その日の問題の相性だったり
  • 試験管との相性だったり

要因は多そうですよね。

つまり

British Council がダメならIDPでトライしてみると上がるかもしれないし

その逆もあり得ると言うことですね。

ただし!点数の変動があるのは、Writing とSpeakingのみですので、Listening とReadingについては、団体を変えることで、変動があることはないと思いますよ。それこそ、実力や問題との相性ですね!

終わりに:IDPとBritish Councilどちらを受験すべきか?

結局、点数にはほとんど影響がないようなので・・・

私としては、

  • 自宅から受験会場が近いもの
  • 試験日がちょうどいいもの
  • そして、慣れている会場

といった視点で選ぶと、精神面ではいいかな〜なんて思います

が!

私のように、15回も受験し続けると、7〜8回目くらいで

メンタル的にとてもしんどくなるので

雰囲気を変えて、British Councilを受け続けていたら、IDPに変えて、ちょっとした希望にかけてみる!

といったように、選んでもいいかも!

ちなみに、IELTSには

ペーパーテストだけではなく、コンピューターのIELTSというものもあります。

これは、結構点数に差が出ると思います!

点数に悩んでいたら、コンピューターのIELTSを受けてみてもいいかも!

コメント