【11月27日(金)9:00スタート】 5日間限定のAmazon BLACK FRIDAYセールはこちらから!

PlusOnePointでIELTSを学ぶメリットと特徴

plusonepoint reveiwIELTS対策
saya

・異文化の魔法の管理人
・University College London修士課程修了(Distinction)
・直感でやりたい!と思ったことはとりあえずやってみる性格です

専門:教育社会学
前職:小中学校教員 / 日本語教師
興味:文化の違いを楽しむこと
趣味:旅行 / ヨガ / 温泉めぐり
英語:IELTS7.5 / TOEIC 900

sayaをフォローする

PlusOnePointでIELTS講座を体験!

saya
saya

こんにちは、Saya です。この度、PlusOnePointさん(以下敬称略)から体験授業の機会をいただき、IELTSの授業を体験させていただきました!その体験レビューを今回はご紹介いたします!

さて、IELTSを勉強されている方々の中には・・・

IELTSの講座を受講してみたいけど、どんな授業なのかな?

これまで独学で勉強していたから、あと少し自分で頑張ろうか?それともコースを受講した方がいいのかな?

なんてお悩みを持っている方がたくさんいると思います。

私がIELTSを学習している時は、独学でOverall Band 7.5まで上げることができましたがライティングが6.0から伸びなくてずっと悩んでいました。

このように、私と似たようなお悩みを持っている方も多いのではないでしょうか?

または、IELTSの試験自体が初めてで

効率的な勉強方法を模索している人も多いと思います。

実は、今回PlusOnePointの体験授業を受講させていただき

私の中でとても大きな衝撃ときらめきがありました。

やっぱり、プロは違う!

これが私の率直な感想です。

そんな率直な感想を前置きとしたところで

今回の記事では主に

  • PlusOnePointの授業の特徴
  • 私が受講したスピーキングとライティングの授業の様子

について、読者の皆さんにご報告したいなと思っております!


PlusOnePointのIELTS講座の特徴

saya
saya

みなさん、PlusOnePoint というIELTSの学校について話を聞いたことがありますか?

PlusOnePointは、オーストラリアに拠点を持つ

オンラインで学べるIELTS専門の学校です。

講師の多くが日本人で、日本語で学べるIELTS 専門学校としても有名です。

まず初めに、PlusOnePoint の特徴を4つご紹介いたします。

日本人講師陣の専門性の高さ

PlusOnePointの代表のHibikiさんを筆頭に

講師の方々はIELTSに精通された、非常に専門性の高い方々です。

講師の方々のほとんどが全科目Band 7.0以上を達成されており

IELTSの傾向を熟知していらっしゃるので

  • IELTS学習者がつまづき易いポイント
  • 採点基準と日本人学習者の特徴

などなど

IELTSの細い質問まで答えてくださります。

カウンセリングの丁寧さ

PlusOnePoint はカウンセリングにとても力をいれてくださっています

  • IELTSのお悩み相談
  • 学習方法のアドバイス
  • 学習進度の調整 など

授業の始めに相談に乗ってくださるだけでなく

受講者のカウンセリングを主に担当しているMikaさんが

普段から丁寧に相談に乗ってくださります。

Mika さん
Mika さん

PlusOnePointでは、まずはじめに私がカウンセリングを担当し、学習者様の勉強方法について一緒に考えております。一人一人の目標に合わせて、時間をとってゆっくりとカウンセリングをしていますよ。

私が初めてMika さんやHibikiさんとお話しした時も、このようにおっしゃってくださり、とても安心できる印象がありました。

お二人とお話をしていくと、どんどん私のIELTSへの悩み相談や、質問会のようになってしまい・・・

Hibiki さん
Hibiki さん

Sayaさんと同じような悩みの受講生の方々たくさんいますよ。

Mika さん
Mika さん

分かる、分かる。

と私の感じていることを受け止めてくださりました。

ずっと独学で勉強していた私にとって

日本人の私がつまづいている思考プロセスに対する悩みを

共有できる方は今まで出会ったことがありませんでしたので

すごく感動しました。

実はPlusOnePoint では、どの方にも無料カウンセリングを行っています。

  • どうしても点数が上がらない
  • 大学院や奨学金の申し込み締め切りまでにIELTSのスコアが必要で、すごく焦っているのに、勉強が進まず困っている

と言った方々は、一人で悩まずプロに頼ってみる!

という方法を選んでもいい気がします。

受講可能な時間が朝から夜まで

IELTSの勉強に励んでいる方は社会人の方々も多いのではないでしょうか。

私も働きながら勉強をしていたので、IELTSの講座の時間と曜日の制約

私自身、IELTS講座を受講できなかった一つの要因でもありました。

一方、PlusOnePointはオンライン講座ですので

自宅から講座を受講することができるというのは、とても嬉しいポイントです。

さらに、6時から24時まで授業を開講しているので

その点も、社会人の方々にとっては強い味方です。

ライティングに特化した授業が豊富

IELTSで難関と言われているのが、スピーキングとライティングです。

特に、ライティングに関しては、ネイティブの人でも平均で6.0-6.5しか取得できない難関です。

そのため、IELTS ライティングは正しい勉強法としっかりとした準備が必要となってくることは間違いありません。

ですが、IELTSライティングを指導できる先生や講座ってどのくらいあるものでしょうか?

書店に行くと感じると思いますがIELTSは、日本ではあまり有名ではなく

IELTSの教材はほんのわずかしか売っていませんね。

それを、もっと特化させたIELTSのライティングに重点を置いた書籍ともなると

非常に限られたものになりますし

日本人講師でライティングを指導できる方々は一握りと言えるでしょう。

ですから、PlusOnePoint は、その難関とも言えるライティングを指導してくださるといった点で非常に貴重なIELTS専門学校なんです。

PlusOnePointのコース体系と学習プラン

saya
saya

つづいて、PlusOnePointのコース体系と学習プランについて軽くご紹介します!

PlusOnePointのコースは、すべてポイント制です。

購入したポイントを使って、自分の好きな講座を受講するシステムなので

  • 色々な先生の授業を受講することができる
  • 自分のニーズに合わせた講座を選択することができる

といったメリットがあります。

しかし、購入したポイントそれぞれに対して、有効期限があったりするので

お仕事や学業との両立をしながらゆっくりと勉強したい方には

自分で計画していた予定よりは、少し忙しい日程になってしまいかねませんし

現在の英語力と目標点数次第で購入すべきポイントも変わってくると思います。

なお、11月15日まで、ウェブサイトリニューアル記念として授業料20%引きの大きなキャンペーンがあるようですので、この機会に要チェックですね!

ポイントの購入を検討されたい方は

カウンセリングの際にどのような学習計画が適しているのか?

ということも含めてご相談されるといいかもしれませんね。

なお、異文化の魔法のブログを読んでくださった方々には

特別にクーポンをご用意しております。

「異文化の魔法」の記事を見ました!

とお伝えしていただきますと、100ポイント無料でプレゼントされます!

ぜひご活用ください。

PlusOnePointのIELTS体験授業のレビュー

ポイント制の講座の中から今回私が体験させていただいたのは

ライティングとスピーキングの授業です。

どちらも科目でも

  • Band6.0 を目標にしている方向けのコース
  • Band7.0を目標にしている方向けのコース

の両方を受講してきましたよ!

私が受講したスピーキングとライティングのフィードバックの授業は、参加人数が2名と少人数制を取っておられ、講師と受講者の皆さんが和気藹々と授業をされているのがとても印象的でした。

その他の講座は、定員が6名で平均3−4名の受講者で学ぶ小規模の授業となっているようです。

それでは、それぞれの科目について私の体験談をご紹介いたします。

授業の雰囲気を感じ取っていただければと思います。

IELTSスピーキングの授業

スピーキングの授業では、先生のワードの画面を共有しながら授業が行われていました。

1回の授業の中で、Part 1 からPart 3 までを一通りやってみるといった授業です。

学習者の英語の回答に対して

  • より良い言い回しの提案
  • 実践を通して学習者の答え方は適切であったか?についてのフィードバック
  • 試験官が求めるような回答の視点

といったことを指導してくださっていました。

学習者同士、お互いの意見を聞いて良いフレーズを学ぶことができる授業でしたし

講師の方々も、どんなストラテジーでそれぞれのパートを乗り切っていたのか?

なんていう話もされていました。

先にお伝えした通り、私はBand 6.0と7.0の両方の授業に参加したのですが

実はスピーキングの授業についてはBand6.0の授業とBand7.0の授業内容に大きな差は感じられませんでした

しかし、一緒に学ぶ学習者のレベルや目標が同じ方が学びやすいという点から考えると、自分の目標点に適した講座を選び、仲間と一緒に頑張る!という学習スタイルは有益であるなと感じました。

IELTSライティングの授業

ライティングの授業では、学習者が前もって書いてきたエッセイを中心に授業が進んでいきます。

学習者のエッセイの画面を共有しながらの講義が行われていました。

まずは、授業のはじめに課題の確認を全員で行いました。

  • 課題のポイントはどこであるか?
  • 課題のタイプはdiscussion essay なのかopinion essay なのか?など

課題の特徴を確認したあと、エッセイを書いた学習者ではない方

相手のエッセイを音読し、改善点などのを指摘しながら授業がすすんでいきました。

この学習スタイルは、ピアレビューという方法で、海外の大学院での授業でもよく取り入れられてい方法で、とてもいい学習スタイルだなと感じました。

このようなピアレビュー活動中に、講師の方が適宜

  • より良い表現
  • 課題への答え方の方向性

などについてアドバイスされていました。

全体的に文法のミスの訂正は少なめで、内容に着目したアドバイスに比重を置かれていました。

Band 6.0 と7.0 の授業の雰囲気の違いですが

  • Band 6.0 の授業では、内容やアイディアを重視した視点が多かったです。
  • Band7.0 の授業は、アイディア以上に構成を重視した視点のお話が多かったです。

やはり、Band6.0の段階ですと

課題の多様性や傾向に慣れることが大切な時期なので

講師の方はエッセイの展開のアイディアをたくさん出してくださり

次のエッセイに活かせそうなアドバイスをたくさんしてくださりました。

一方、Band7.0は非常に難関なので授業は全体的に

エッセイの根本を極めていくような雰囲気でした。

具体的なポイントとしては

  • 文章の前後関係のバランス
  • 日本語と英語の文章や段落構成の違い

など、エッセイの奥深いポイントを極めていくような授業が展開されていて

私自身目から鱗な学びがたくさんありました。

終わりに:PlusOnePoint の授業を経験して

過去に、IELTS15回受験してきた私からすると

今回のPlusOnePoint の講座の受講経験は

目から鱗が落ちるという言葉がぴったりなほど衝撃度の高い

そして、学び多き授業でした。

特にライティングについては、

過去の私の学習状況を振り返りながら

私はなぜライティングの点数が伸びないのか?という点を十分に分析をしきれず

次のIELTS受験に臨んでしまうような受験を繰り返してしまっていたということを

とても強く実感しました。

この度PlusOnePointの授業を受講させいただき

はっきりと!!

当時の私の勉強方法では、ライティングは伸びなくて当然である

ということが分かった気がします。

これこそが、プロの技!ですね。

それとともに、もう一つ 感じたことは、PlusOnePointの講座を受講されている方々はとても高い英語力を持っていらっしゃる方々が多く、私自身とてもいい刺激をいただきました。

今回の体験授業の機会を通して、過去のIELTS受験期のことを思い出しながら

もっと早くにPlusOnePointを知っていたかったな・・・と感じました。

以上が私のPlusOnePointの体験授業の感想です!

さて、今回の体験レビューを読み、もしPlusOnePointとの無料相談を受講されてみたいな〜と思った方はぜひこの機会に今の悩みをご相談されてみてください。

また、クーポンを活用されて実際に受講してみたい!と思った方は

異文化の魔法を見た

とお伝えいただくと、100ポイント無料でプレゼントされます!

それでも、まだ悩んでしまって、、、

講座の受講まで踏み切れないなー

という方もいらっしゃると思います。

実はこの度Sayaは、体験授業のみならず PlusOnePoint で実施された

12 週間チャレンジにも少しお邪魔させていただきました!!

多数の応募があった中、見事チャレンジャーとして当選されたのは

Saori さん(@saori2323m)とKobuさん(@dustjacketvia)でした。

ということで、私Sayaは12週間チャレンジに飛び入り参加し

チャレンジャーのお二人にインタビューしてきましたよ!

お二人のチャレンジの様子と、Plus One Pointの講座に対するお二人のご感想も、記事にまとめ今後アップしますね!

コメント