「本は耳で聴く時代?!」Amazon Audibleの無料体験はキャンペーンこちらから

「肌の色」の違いを意識した日

skin colorエッセイ

スリランカ留学の思い出

少し昔の話になりますが

私は大学四年生のころ、スリランカに1年間交換留学に行来ました。

なぜスリランカなの?

と、よく聞かれることがあるのですが

ただただ、大学2年生の頃にスリランカに留学に行っていた先輩の女性が、かっこいいな〜と思っただけでした。

スリランカに1人で行って、現地調査をする勇気。

当時の私にとって、その先輩がとても輝いて見えました。

だから、スリランカへ行きました。

スリランカでの思い出は、語り尽くせないくらい

私に新しい視野と、人生の素敵な経験をもたらしてくれました。

そんなお話は、こちらの記事にもまとめています。

今回の記事は、そんなスリランカの思い出の一つです。

「Sayaの白い肌いいな〜」

勢いと、やる気だけでスリランカ留学をしたわけなのですが

実は、私はスリランカへ行くまで、自分の肌の色なんて気にしたことはありませんでした。

ただ、夏は焼けるとヒリヒリして痛いので、日焼け止めは塗っていました。

でも、スリランカへ行って、私の肌は「白い」ということを意識しました。

というのも

スリランカ人の女性は、自分の肌の色にとてもコンプレックスを持っている人が多いんです。

やはり、イギリスの植民地であったせいでしょうか、白いことへの執着心があります。

これは、スリランカに限ったことではありませんが

「白い」ということは「美しいこと」なんです。

だから、少しでも肌が白めの女性がいれば

「スドゥ アッカ (白いお姉ちゃん)」

「スドゥ ナンギー(白い妹ちゃん)」

というようなあだ名がつきます

(スドゥが白いという意味のシンハラ語です)

私はある時友達に

腕を取られて

「Sayaの肌はスドゥだね」

と言われました。

「いいなー、私の肌は黒いからさ・・・」

その時私は

なんて、寂しいことを言うんだろうと思いました。

肌の色なんて関係ないじゃん!って。

イギリスで差別された日

それから数年後・・・

私は改めて、肌の色は関係あるんだな〜と思う出来事がありました。

それは、イギリスに来て、コロナウィルスが中国で蔓延している時でした。

私はマスクをつけて街を歩いていると、人がどんどん私から離れていく。

「ウィルス!」

と指もさされる。

その時、私はふと、私の肌の色について考えました。

あ〜、私の肌の色は、「白ではない。黄色である」と。

そして、スリランカの友人が、ずーっと白くなりたいな〜と願っているように

このときに、私も、肌の色は変えられない、事実にぶち当たった感覚になりました。

そして、コロナが落ち着くまでは、外に出るのはやめようって思ったんです。

日本人の肌を黄色っぽいと表現したのは「福沢諭吉」である

スリランカにいた頃は

肌の色が、白いから、黄色だから、黒いから、茶色いから・・・

そんなのどうでもいいじゃないか!

って思っていたけれども、

でも、どうでも良いでまとめられない過去もあったり

いざ、コロナのような世界中が大変な時になると、肌の色という明らかな違いを持って、差別に繋がる。

私は、イギリスとスリランカという植民地時代の名残の残る二つの国で生活して

たくさんの学びがありました。

そして、最近勉強している中で、学んだことは・・・

日本人の肌の色は少し黄色っぽいと初めて示したのは福沢諭吉さんなんですって。

それを読んだ時、私は

「へ〜!と思うとともに、福沢諭吉さんも肌の色について色々と考えていたのかな〜・・」

なんて思いました。

コメント