「本は耳で聴く時代?!」Amazon Audibleの無料体験はキャンペーンこちらから

【コロナショック】2020年留学を1年間延期する選択

corona shockコロナ

はじめに

2020年留学を目標に準備をされてきた方々

今回のコロナの様子には相当悩まれているのではないでしょうか。

最近では、

たくさん準備してきたのに、交換留学が中止になった・・・

なんて、ツイートをよく目にするようになりました。

ちなみに、私もTwitter(@l0vu4evr)やっています!

そんなコメントを見ると、とても心が痛いです。

私の場合は、コロナに巻き込まれつつ

最低限、留学することはできているのですが

果たして今年留学している私は良かったのか、不運だったのか・・・。

ただ、悲観的になってはいけないと思っているので

色々な意味で一生に一度の経験をできたという点で

良かったと思うようにしています。

この記事の流れを読んでいただくと分かる通り、

saya
saya

私もこのまま滞在していて良いものか?

とても悩みながら、イギリスにいるわけです。

(*6月4日に帰国いたしました。)

コロナの状況は本当に頭が痛いですね・・・。

4月22日時点

イギリスのコロナの患者数:約13万4千人 ・ドイツの患者数:約15万人

もうすぐドイツを追い抜いてしまうかもしれません・・・。

こんな状況を考えると、2020年の留学って、本当に不安ですよね。

なので、私がもし2020年に留学をする当事者であるならば、deferral requestを出していると思います。

Deferral Requestという選択

実は私もUCLに留学するために、1年間deferral requestを出して、Gap yearを取りました。

deferral requestとは合格延期申請のことです。

UCLの場合、コロナに限らず、合格してもdeferral requestを申請することで、合格を1年間取り置きにしてくれる制度があります。

これは、UCLだけではなく、どの大学にも存在している制度です。

しかし注意しておきたいことは、deferral requestは、1回のみです。

ですから、2年延期したい場合は、再受験となってしまいますので、お気をつけください。

deferral requestをする際には、deferralに値する理由というものが必要です。

例えば・・

  • インターンシップをする
  • 経済的に困窮していて、仕事をする
  • 奨学金を獲得するために、勉強する
  • ボランティア活動で途上国へいく      などなど

大体の理由は許可されるでしょう。

きっと、今年の申請であれば、「コロナが蔓延しているから」という理由も通ると思います。

HPを確認後Admission Officeに連絡しよう

Deferral Requestに興味を持っているようでしたら、自分の大学のHPでdeferral requestの申請の仕方をチェックしてみましょう。

今年はきっとdeferralが多くなるような年になるかもしれません。

参考としてUCLとLondon School of Economics (LSE)のリンクを載せておきます。

参考1:UCL

参考2:LSE

どちらもやっぱりdeferral は一回のみのようです。

HPで確認した後には、admission officeに連絡をしてみましょう!

終わりに

基本的に、イギリスのadmission officeはかなり遅いです。

これは、コロナだからではありません。

普段から、半端なく事務処理が遅いので、日本のスピード感で動くとイライラしてしまいます。

きっと、コロナ蔓延がゆえに、Admission Officeは膨大なメールを受け取っていると思われるので、例年以上に遅いかもしれません・・・。

Admission Officeに連絡される方は、これも異文化体験と思って、乗り切りましょう!

コメント